まだ間に合う!バレンタインまでに-3kgする~サプリで上手にダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
col150114

バレンタインに告白するという方の中には、その前に少しでも痩せておきたいという方がいるでしょう。

1ヶ月で現体重の5%未満が理想的なダイエットと言われており、例えば1月中旬に50kgならばバレンタイの頃に47.5kg。つまり、2.5~3kgの減量が最も健康的ということです。

しかし短期的なダイエットに、運動等を取り入れるのは難しいでしょう。運動によるダイエットは時間がかかります。そこで考えてみたいのが、サプリメントの活用です。

「グロビンたんぱく質分解物」で脂肪の吸収を抑える

グロビンたんぱく質分解物は血中の中性脂肪を低下させる効果があるとされ、特定保健用食品の認定を受けたサプリメントもあります。

期待できるのは、脂質を消化するリパーゼの働きを抑え、食後の中性脂肪を下げる効果です。

摂取は食後がおすすめ

脂肪は吸収・代謝が遅いため、食後6時間経っても中性脂肪は食前レベルまで下がりません。つまり脂肪の多い食事では、中性脂肪が食前のレベルに戻る前に、次の食事の時間になってしまう可能性があります。

しかしグロビンたんぱく質分解物を摂取すれば、中性脂肪があまり上昇せず、早く食前レベルに戻してくれる効果が期待できるのです。

食事とのバランスを取る

バランスのとれた食事摂取量は1日1~3g。

ただしサプリメントを摂っていれば、好きなだけ食事を食べて良いというわけではありません。

バレンタインまでバランスのとれた食事を保ちつつ量を減らし、サプリメントで補うようにしましょう。

「白インゲン豆抽出物」が糖質の消化吸収を抑制

お米やイモ類に含まれる多糖類のデンプンは、そのまま消化吸収することができません。消化酵素α-アミラーゼによって消化吸収され、単糖類「グルコース」まで分解。

さらにグルコースがエネルギー源となり、血糖値を上昇させます。

白インゲン豆抽出物の成分であるフォセオラミンはα-アミラーゼの働きを抑制し、エネルギー源のグルコースが生成されないように働きかけます。そのため、ダイエットに効果があると言われているのです。

豆に必須の加熱処理

サプリメント白インゲン豆に限らず、生の豆にはちょっとした有害物質が入っており、そのまま食べると下痢を起こしてしまう場合があります。豆の種類によっては80℃前後でその毒性が5倍に増えてしまうものもあります。

そのため、豆は水でやわらかくしてから、しっかりとした加熱処理が必要になってきます。

しかしフォセオラミンは熱に弱く、加熱処理の高温に耐えられません。そのためフォセオラミンの摂取には、高温処理されていないサプリメントが適すると言えるでしょう。

白インゲン豆抽出物は、1日500mg以上の摂取が推奨されています。効果的とされるのは食前の摂取。α-アミラーゼは腸で働く酵素のため、白インゲン豆抽出物を腸まで届けて、先に糖質がおりてくるのを待ちます。



フォローすると、最新のサプリメント情報を簡単に購読できます。