葉酸サプリメントのとり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

葉酸サプリメントが人気を集めているわけ

妊婦さん葉酸サプリメントが「疲れが取れる」「妊娠初期の赤ちゃんのために」「貧血の予防」など注目を集めています。葉酸が注目されだしたのは妊娠初期に発生する神経管欠損症(NTD)などの胎児の先天性奇形の予防効果が発表されてからです。

それ以降、葉酸が持つ貧血予防効果や疲れをとる効果,心臓病の予防効果などが注目されています。今回のサプリメントコラムでは葉酸サプリメントの効果的なとり方を取り上げます。

葉酸の効果と働き

葉酸はビタミンB群の仲間で、正常な細胞分裂をするために欠かせないビタミンです。特に正常な赤血球の生産や妊娠初期の赤ちゃんの正常な細胞分裂にはなくてはならない栄養です。葉酸は葉物野菜や濃緑色野菜,レバーなどに多く含まれていますが、水溶性で壊れやすい性質のため必要量が充分に摂取できていない、潜在的な葉酸欠乏症になっている人も多いものです。

貧血=鉄分不足と思いがちですが、実は葉酸が不足していて貧血になってしまうことがあります。鉄分だけでなく、葉酸も同時に摂るようにしましょう。

葉酸サプリメントの飲み方と副作用

厚生労働省の推奨量では、葉酸は男女ともに1日240μgです。妊娠初期(妊娠前1ヶ月~妊娠3ヶ月)は特に葉酸が必要になる時期で推奨量は440マイクログラム。

葉酸の摂取量は平均で、男性:264-285μg、女性:244-285μg。推奨量ギリギリの数字です。妊娠中に必要な推奨量にはまったくたりていません。推奨量とは欠乏にならない最低ライン。推奨量と上限量の間の量を摂るのが健康にとっては最も望ましい摂取量です。この視点から考えるとほとんどの方に葉酸不足の心配があります。葉酸は水溶性で熱や光に弱く壊れやすい性質があり、吸収率も食べ物からでは50%程度と言われています。食べる量はそうそう増やせないないのでサプリメントで摂るのが現実的です。

葉酸のサプリメントを摂るときには葉酸を単体でとっても意味がありません。葉酸が効果を発揮するにはビタミンB6,ビタミンB12,ビタミンCが必要です。サプリメントでは最低限ビタミンB群+ビタミンCで摂るようにします。できればその他のビタミンや微量ミネラルが配合されたマルチビタミン・マルチミネラルの総合サプリで摂るのが理想的です。

葉酸の上限量は一日1,000μgです。この上限量はサプリメントなど(食べ物や食品以外)から摂る量です。許容範囲が広いビタミンなのでまず過剰症になることはありませんが、摂りすぎてもよいことはないので上限量は守るようにしてください。葉酸の副作用は一部の抗ガン剤との併用でアレルギー症状の報告があります。

代表的な葉酸サプリメント
ベルタ 葉酸サプリ

ベルタ 葉酸サプリ

1ヶ月分 5,980円
妊活中・妊娠中の女性のために作られたのがベルタ葉酸サプリです。赤ちゃんのために葉酸400μg,鉄分15mg,カルシウムを250mg配合。その他27種類ものビタミンとミネラルが配合されています。赤ちゃんとママの体のことを考えて無添加・無香料です。妊婦さんの目線で作られたサプリなので安心して摂ることができます。

フォローすると、最新のサプリメント情報を簡単に購読できます。