腸内フローラを変えてダイエット~痩せ菌・デブ菌とは~痩せやすい体を作るメカニズム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

肥満肥満とは「身体に脂肪が過剰に蓄積された」状態のことを指します。

適度な脂肪は体温を保持したり、臓器を衝撃から保護したり、緊急時のエネルギーになったりと人体にとって必要なものです。

しかし過剰に脂肪が蓄積すると、高血圧や高血糖、脂質異常症などといった生活習慣病の原因となります。

メタボリックシンドローム」の診断基準で最も根幹的なものが内臓脂肪面積であるように、脂肪の過剰な蓄積はそれだけで健康にとってのリスクとなります。

脂肪は消費カロリーより摂取カロリーが大きいと徐々に蓄積していきます。脂質や炭水化物を摂取しすぎると、おのずと摂取カロリーも増加し、肥満になりやすくなります。

しかし、単純な摂取量や運動量以にも原因があると示唆されています。それが腸内にある「デブ菌」と「痩せ菌」です。

それぞれの菌はどのような特徴を持つのでしょうか?そしてデブ菌を減らし、痩せ菌を増やすにはどうしたらよいのでしょうか?

痩せ菌・デブ菌とはどのような菌?

研究まず初めに痩せ菌・デブ菌ともに明確な株の名前は特定されていません

どの株が人間の肥満に関係するかは、これからの研究に期待されています

現在の研究では、人間の体型に関わるのは「バクテロイデス門」に属する細菌と「フィルミクテス門」に属する細菌と考えられています。

痩せ菌といわれているのは「バクテロイデス門」に属する細菌、デブ菌と言われているのは「フィルミクテス門」に属する細菌です。

痩せ菌といわれているのは「バクテロイデス門」

バクテロイデス門の細菌は地中や水中に幅広く分布し、哺乳類を中心とする生物の消化管の中にも豊富に生息しています。

人間の場合、腸内フローラを構成する細菌の比率は個人差が大きいため一概には言えませんが、人類全体で見た場合、もっとも勢力が強い菌類とされています。

デブ菌と言われているのは「フィルミクテス門」

フィルミクテス門に属する細菌は嫌気性(酸素を嫌う性質)があるため、地中や水中などにはあまり生息していません。

基本的に酸素が存在しない動物の消化管の中や表皮に生息しています。食品を発酵させる働きのある乳酸菌は、このフィルミクテス門に属しているため、人間とのかかわりが深いことが特徴です。

なぜフィルミクテス門に属する細菌が多いと太りやすいのかというメカニズムははっきりとは解明されていません。

有力とされている説は「人間では消化できない成分を分解し、エネルギーにしてしまうから」とされています。

例えば植物の細胞壁であるセルロースは栄養素でいえば食物繊維であり、人間の消化酵素では分解することができません。消化・吸収されないまま便として体外に排出されます。

フィルミクテス門に属する細菌の多くは、セルロースなどの繊維質を分解して増殖します。

分解されたセルロースは人間が消化・吸収できる糖へと変化します。

このように本来ならば人間が消化できない成分を、腸内細菌が分解することによって余分なカロリーを摂取してしまうため、太りやすくなると考えられています。

腸内フローラが肥満に与える影響

肥満無菌状態のマウスに肥満の人の腸内フローラをそのまま移植すると、摂取カロリーや運動などの条件は変わりないのに太りやすくなります。

反対に痩せている人の腸内フローラを移植すると条件が変わらないのに痩せやすくなります。

このように腸内フローラが肥満に与える影響はとても強いものです。

特定の菌が存在しているわけではない? 肥満の人の腸内フローラ

前項で肥満の人にデブ菌(フィルミクテス門の細菌)が多く、痩せている人にバクテロイデス門の細菌が多いことを紹介しました。

ただし正確には「肥満の人にデブ菌が存在している」のではなく、「肥満の人にはデブ菌が多く、腸内フローラの多様性が失われている」という表現が適切です。

本来的に腸内フローラは多様性があってしかるべきです。しかし肥満の人では多様性の上に成り立つバランスが崩れていることが多く、デブ菌が増加し、太りやすくなっています。

「フィルミクテス門」に属する細菌がデブ菌だとお話ししましたが、善玉菌の代表的な存在である乳酸菌も、このフィルミクテス門に属する細菌です。

乳酸菌は増加することによって、免疫力を向上させたり、短鎖脂肪酸を生産し悪玉菌の増殖を抑制したり、便通を改善したりと健康によい働きをしています。

乳酸菌は多ければ多いほどよい、といったイメージがあるかもしれません。確かに乳酸菌は人体に有益な働きをします。

しかしだからといって、多ければ多いほどよいわけではなく、痩せ菌や、デブ菌のバランスが大切になります。

デブ菌を減らし痩せ菌を増やすためには

デブ菌を減らし痩せ菌を増やす「肥満の人にはデブ菌が多く、腸内フローラの多様性が失われている」と解説したように、特定のデブ菌が存在するのではなく腸内フローラの多様性の欠如のため太りやすくなるという説が現在のところ有力です。

そのため、デブ菌を減らし痩せ菌を増やすという言い方は厳密には誤りです。

なるべく腸内フローラが多様性を持つようにすることが腸内フローラから肥満を解消するためのポイントとなります。

まだまだ研究途中ですが、痩せている人の腸内フローラを肥満の人の腸内に移植することにより、腸内フローラの多様性を改善させ肥満を解消させる方法も考えられています。

実際に痩せている人の腸内フローラをメタボリックシンドロームになっている肥満の人に移植をすることにより、インスリンの感受性の改善が認められたという臨床試験の結果があります。

参照: Transfer of Intestinal Microbiota From Lean Donors Increases Insulin Sensitivity in Individuals With Metabolic Syndrome

また人間の消化酵素では分解できないオリゴ糖を継続的に摂取することで、腸内フローラが変化し多様性が改善され、肥満が減少したことがマウスでの実験で確認されています。

参照:特集「肥満症の改善はなぜ,難しいのか?~ここまで明らかになった!病態解明と治療の最前線~」 腸内細菌叢と肥満症 3.腸内細菌を介した肥満症治療の可能性

この結果から、乳酸菌やビフィズス菌などの有用な菌を摂取する「プロバイオティクス」と、オリゴ糖などの腸内の善玉菌のエネルギー源となる物質を摂取する「プレバイオティクス」が、腸内フローラのバランスを改善するのに効果的であると考えられています。

腸内フローラの多様性を改善するための食生活

腸内フローラの多様性を改善するために、プロバイオティクス・プレバイオティクスが有効であると示唆されています。

食生活の中ではヨーグルトやチーズ、ぬか漬け、キムチ、ピクルスなどの発酵食品を意識して摂取するようにするとよいでしょう。

漬物日本人は従来的に炭水化物を多く摂取してきた民族なので、特にぬか漬けやすぐき漬け、麹漬けなどの漬物類が適しています。

プレバイオティクスの代表的な物質であるオリゴ糖はゴボウや玉ねぎ、甜菜などの根菜類に含まれていますが、そこまで多くはありません(甜菜を除く)。

日常の調味料に砂糖の代わりとして顆粒オリゴ糖やオリゴ糖シロップなどを用いるようにするとよいでしょう。

人間の腸内フローラはその大勢が5歳程度までに形成されます。5歳を過ぎると簡単に腸内フローラのバランスを変えることは難しくなります。

まずは日常の食生活で多めに発酵食品を食べる、オリゴ糖を摂取するなど意識して、少しずつ改善させていくことが重要です。

まとめ

痩せている人肥満の人と痩せている人では腸内フローラのバランスが異なっていることが明らかになっています。

肥満の人の腸内にはデブ菌類が多く、痩せている人の腸内には痩せ菌類が多い、という傾向があるようです。

ただし実際には特定の菌が宿主である人間の肥満を促しているわけではなく、腸内フローラの多様性の欠如が肥満の要因となっていると考えられています。

腸内フローラから肥満を解消するためには、多様性を改善させる必要があります。

そのためにプロバイオティクス・プレバイオティクスともに有効であることが示唆されています。

まずは手軽にはじめられる食生活の改善からスタートしてみましょう。



【執筆者】大見 貴秀医師

大見貴秀医師帝京大学医学部卒業。麻酔科標榜医、麻酔科認定医。 日本麻酔科学会、日本抗加齢医学学会(アンチエイジング学会)会員、生活習慣病アドバイザー。

「治療」よりも「予防」を重視して診療にあたる現役医師。麻酔科医として勤務するだけではなく、加齢による身心の衰えや疾患に対するアドバイスを行う。

フォローすると、最新のサプリメント情報を簡単に購読できます。