クロレラの効果と効能 ビタミン・ミネラル・食物繊維不足を補う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
chlorella

クロレラ(Chlorella)とは、クロレラ属の淡水生単細胞緑藻類の総称です。池や湖に生息する植物性プランクトンです。

クロレラは1890年にオランダの微生物学者「バイリンク」が発見し、ギリシャ語の緑をあらわす(Chloro)とラテン語の小さいという意味の(ella)と言う言葉から命名されました。

現在では特定の種類を人工培養したものを健康食品やサプリメントの原材料として使用しています。

クロレラの効果・効能

クロレラの効果・効能はコレステロール値の低下作用高血圧の改善,血糖値を下げる効果,免疫活性化,抗酸化作用などです。

体験談的には便秘が良くなったという話も良く聞きます。

これはクロレラに含まれる食物繊維の効果だと思われます。長い間健康効果が取り上げられているクロレラですが、特定症状に対する人での信頼できる臨床試験は行われていません。

クロレラに含まれるタンパク質やビタミンミネラル類などの栄養がもつ効果とクロロフィル(葉緑素)の抗酸化作用などが総合的作用し様々な健康効果が得られると考えられています。

クロレラの効果的な取り方とサプリメント

クロレラのサプリメントは錠剤,粉末,エキス(ドリンク)などで販売されています。クロレラはあまりおいしいモノではありません。エキスで摂る場合は味になじめない方も多いかもしれません。クロレラのサプリメントは製造方法や培養方法などにより含まれる栄養成分が全く違います。クロレラの細胞壁は大変に堅くそのままでは吸収率が悪くなってしまいます。できれば細胞壁が粉砕されている製品の方が良いでしょう。

またクロレラを人工培養する際の培養液に含まれる不純物が問題になったこともあります。信頼できるメーカーのものを選んでください。

クロレラサプリメントの摂取量

特に決まった摂取量はありませんが、目安としてはクロレラ原末として1日3g-8g程度です。

クロレラの有効成分

クロレラにはタンパク質,脂質,炭水化物,食物繊維,クロロフィル(葉緑素),ビタミン類,ミネラル類,カロチノイド類を含みます。さらにCGF(クロレラ・グロス・ファクター)というクロレラの独自成分が知られています。ビタミン類はビタミンC,ビタミンE,B1,B2,B6,ナイアシン,パントテン酸,葉酸,ビオチン,イノシトール,ビタミンK。ミネラル類は鉄分カルシウムマグネシウム亜鉛カリウム,ナトリウム。カロテノイドはαカロテン,βカロテン,ルティン。またクロロフィル(葉緑素)はマグネシウムを含んでいます。

活性酸素と抗酸化について知識がある人がクロレラに含まれる成分を見ると、クロレラの持つ抗酸化栄養素の種類の豊富さに目がいくのではないでしょうか。クロレラの効果・効能は豊富な抗酸化栄養素やビタミン,ミネラル,タンパク質などを補給することにより総合的に発揮されると考えられており、クロレラが持つ健康効果の詳細なメカニズムは未解明です。

クロレラの科学的データ


高血圧患者に及ぼすクロレラの影響


Nippon Eiyo Shokuryo Gakkaishi Vol. 48 (1995) No. 6 P 485-489 Clinical Effects of Chlorella in Hypertensive Men
境界性高血圧を有する患者23名に対してクロレラを1日1.5g、6か月間投与する群を13名、健康アドバイスのみを受ける群を10名に分けて血圧の測定を行いました。その結果、クロレラ摂取群は最高血圧が14.1±1.9、最低血圧が6.3±1.8mmHg減少しました。



従属培養したクロレラ・レギュリスの生活習慣病に対する予防効果


Annual Report of Yakult Central Institute for Microbiological Research No.26 63-72(2006)
いくつかのヒト試験の結果からクロレラの摂取により血圧低下作用、コレステロール低下作用、脂肪肝改善作用があることが示唆されました。日常的なクロレラの摂取は生活習慣病の予防に対して効果的である可能性があります。



軽症高脂血症患者に及ぼすクロレラ錠剤摂取の影響


日本食品科学工学会誌 Vol. 49 (2002) No. 6 P 395-400
非薬物療法で経過観察が可能と判断された軽症脂質異常症患者に対して1日3gのクロレラを3か月間摂取する群と経過観察のみの群に分け、血清脂質の値の測定を行いました。その結果、クロレラ摂取群では1か月ごと3か月後で総コレステロール値とLDL(悪玉)コレステロール値が有意に低下しました。一方経過観察のみの群はコレステロールに有意な変化が見られませんでした。

クロレラの副作用と安全性

クロレラで報告されている副作用としては嘔吐,下痢,湿疹などの報告がありますが、一般的は問題となる副作用はほとんどないと考えられています。クロレラに含まれるクロロフィルが分解される過程で生成されるフェオフォルバイトにより光過敏症にかかる可能性があります。クロレラはビタミンKを含むため、ワーファリンとの相互作用に注意が必要です。

サプリメント

やわた 高鉄・高亜鉛クロレラ

やわた 高鉄・高亜鉛クロレラ

約1ヶ月分 3,240円(税込)
つなぎを一切使用しないで作られているクロレラ100%のサプリです。ピレノイドサ種100%のクロレラを使用。ビタミン・鉄分・亜鉛・食物繊維もたっぷりと含まれています。




【監修者】大見 貴秀医師

大見貴秀医師帝京大学医学部卒業。麻酔科標榜医、麻酔科認定医、サプリメントアドバイザー。 日本麻酔科学会、日本抗加齢医学学会(アンチエイジング学会)会員、生活習慣病アドバイザー。

「治療」よりも「予防」を重視して診療にあたる現役医師。麻酔科医として勤務するだけではなく、加齢による身心の衰えや疾患に対するアドバイスを行う。

フォローすると、最新のサプリメント情報を簡単に購読できます。