トップ > 成分別 > コエンザイムQ10(CoQ10)の効果と効能 老化防止・アンチエイジング・抗酸化など若返りの成分

コエンザイムQ10(CoQ10)の効果と効能 老化防止・アンチエイジング・抗酸化など若返りの成分

コエンザイムQ10(CoQ10)の効果と効能

コエンザイムQ10(CoQ10)の効果は心筋梗塞や心不全,狭心症,糖尿病,高血圧などの改善および予防。強力な抗酸化作用からくる動脈硬化やガン,生活習慣病の予防など。エネルギー燃焼が良くなるため脂肪燃焼やダイエット,美肌,冷え性,肩こりの改善などさまざまな効果があります。

コエンザイムQ10(CoQ10)は学名「ユビキノン」と呼ばれるビタミン様物質です。全ての細胞膜に存在し、特に心臓や肝臓,卵巣,精巣には多く含まれています。特に1日に10万回も収縮する心臓では大変重要な働きをします。 コエンザイムQ10は体内のエネルギー生産に関わる補酵素で、細胞内でのエネルギー生産全てに関わっています。

つまり人間が生きていくために欠くことができない大変重要な物質です。人間が生きていく上で必要なエネルギーの約95%は細胞内にあるミトコンドリアで生成されています。コエンザイムQ10はミトコンドリア内に多く含まれ、エネルギー生産に重要な役割を果たしています。

またコエンザイムQ10は、抗酸化力も強く体内に充分に存在すれば血管や脂質の酸化防止に役立ちます。コエンザイムQ10は体内で合成するほか食品(魚,肉類)にも極少量含まれています。

体内での合成は20歳頃をピークに減少しだし、40歳前後に不足状態になります。コエンザイムQ10は、1957年ウィスコンシン大学のF.L.クレーン教授によって発見され、1958年 カール フォルカーズ博士がコエンザイムQ10 の化学構造を解明。

1978年 ミトコンドリアのエネルギー変換におけるコエンザイムQ10 の役割について研究したピーター ミッチェルがノーベル賞を受賞しています。

コエンザイムQ10サプリメントの効果的な取り方

コエンザイムQ10の代表的なサプリメント

サントリー コエンザイムQ10 + セサミンE (女性のアンチエイジング系)

コエンザイムQ10の摂取量

コエンザイムQ10の一日の必要量は様々な研究から、30mg-60mgと言われています。この必要量を食品から摂取するにはイワシなら約6匹、牛肉では約950gです。これはコエンザイムQ10が食品には極微量しか含まれておらず、かつ吸収されにくい性質があるためです。食品は補助的に考え、サプリメントで摂る方が現実的と言えます。

サプリメントではコエンザイムQ10の含有量が30mg以上、かつ吸収されにくい性質があるため、何らかの吸収を助ける工夫がされている製品を選んでください。これはとても大切なことです、同じ30mgを摂取しても吸収率が30%の製品と、80%の製品では有効性がまったく変わってきます。

コエンザイムQ10は、不安定な物質なので安定性を高めるためにビタミンE等が配合されている製品を選んでください。

サプリメントの種類

コエンザイムQ10サプリメントの価格は千円台の物から7,8千円台のものまであります。この価格差は主に、原材料となるコエンザイムQ10が合成のものか、発酵法による天然のものかの違いです。合成の方が価格は安くなります。 さらに安定性,吸収率などによって価格が変わります。当然安定性が高く吸収率がよい製品は価格が高くなります。

コエンザイムQ10が持つエネルギー燃焼効果に注目したサプリがいろいろと販売されています。ダイエット効果を期待するのであればコエンザイムQ10だけではなくαリポ酸とLカルニチンが配合されたものが最適です。

脂肪は最終的には細胞内のミトコンドリアで燃焼されエネルギーが生成されます。このエネルギー生成過程でコエンザイムQ10,αリポ酸,Lカルニチンが必要なり、どれか一つがかけてしまっても脂肪燃焼が効率よく行えません。おのおの体内で合成できたり食品からとれる物なのですが加齢ともに減少し、40歳頃を境に激減していきます。

コエンザイムQ10の品質は「カネカ」製のものが最高です。品質にこだわるのであればカネカ製のコエンザイムQ10を原材料とするサプリメントを選んでください。コエンザイムQ10は、不安定な物質なので安定性を高めるためにビタミンE等が配合されている製品を選んでください。

コエンザイムQ10(CoQ10)の有効成分

コエンザイムQ10は、体内でエネルギー生産をするとに必ず必要になる物質です。人間は呼吸をしたり、心臓を動かしたり、考えたり、見たりなど、生きていくためのエネルギーを食事(炭水化物,タンパク質,脂肪)から得ています。

食事から摂取したエネルギー源は消化吸収され、最終的には細胞内にあるミトコンドリアで酸化されATP(アデノシン三リン酸)と呼ばれるエネルギーに変換されます。このエネルギー発生の酸化の過程でコエンザイムQ10が必要になります。

人間の体は通常コエンザイムQ10を約700mgは持っていますが、20歳をピークに加齢とともに体内での生産量が減少し、40歳前後ではほとんど人が不足してきます。その理由は、体内での合成量の減少と、食品には極微量しか含まれておらず、かつ消化吸収されにくい性質によります。

コエンザイムQ10(CoQ10)の科学的データ

10年間に世界中の医学誌に発表されたコエンザイムQ10を心臓病に用いた研究論文は50を超えている。

アメリカ

テキサス大学バイオメディカル研究所所長フォルカーズ・K博士の複数の臨床実験において、心臓病患者の75%が健康な人と比べ、心臓組織のコエンザイムQ10が極端に欠乏していた。

また中高年のうっ血性心不全患者の75%がコエンザイムQ10を摂ることで顕著に症状の改善があった。1992年。43~66歳の心臓疾患の患者11人を対象に、1日にコエンザイムQ10を100~240mg投与した結果、症状が改善され、中には著しい改善を見た患者もいた。

ロチェスター医科大学

カリフォルニア大学サンディエゴ校ロチェスター医科大学を含む、主要なメディカルセンターでの臨床実験で、コエンザイムQ10は細胞内のミトコンドリアの中まで入っていける強力な抗酸化物質として、狭心症の治療で良い成績を上げている。

コエンザイムQ10(CoQ10)の副作用と安全性

コエンザイムQ10の副作用はまずありません。もとも体内に存在する補酵素ですので急激な毒性などはありません。しかし、大量(常識を遙かに越える量)に単一で摂った場合の安全性は確認されておりません。抗凝固剤のワーファリンとの相互作用を指摘する例があります。

代表的なコエンザイムQ10(CoQ10)サプリメント

サントリー コエンザイムQ10 + セサミンE オススメ

コエンザイムQ10とセサミン,ビタミンEの3つの女性の若々しくてフレッシュな毎日をサポートするエイジングが気になる女性のためのサプリメントです。サプリメントラボが様々な角度から検討した結果、最も優れているコエンザイムQ10だといえるサプリメントです。1ヶ月分5,500円(税抜) 送料無料

詳しくは「サントリー コエンザイムQ10 +セサミンE徹底レビュー」をご覧下さい。



contents

注意事項
当サイトに示したサプリメント・植物などの効果・効能などについては一般的な事項です。 特定の商品の効果効能を表すものではありません。当サイトには多数の情報を掲載しておりますが情報の完全性は保証いたしません。サプリメントラボから得た情報を元にして生じたいかなる被害についても、当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません

当サイトの掲載内容は用途に関係なく、全体または一部分にかかわらず、無断での複製・転用・配布を禁じます。 当サイトの著作物の無断使用を発見した場合ただちに厳正なる方法で法的手続きを行います。 引用する場合は必ず引用したページへのリンクを設置してください。

​ ​