田七人参の効果と効能 肝機能を改善する,免疫力をあげる,血流を改善する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

田七人参とは

田七人参「田七人参(でんしちにんじん)」は四大人参の一つであり、「三七人参(さんしちにんじん)」とも呼ばれています。

昨今、日本で高麗人参の健康効果が注目されていますが、田七人参は高麗人参より、有効成分のサポニンを多く含み、数多くの薬効が認められています。

さらに、田七人参には植物ステロールなどの機能性成分や、食事からだけでは摂取が不足してしまうビタミン・ミネラルまでもバランス良く含んでいるのが特徴です。

田七人参は形が大きいものほど価値が高いとされていましたが、それは、農薬や肥料を使用して無理に成長させているものもあります。無施肥無農薬で栽培している、安心できる田七人参は、必ずしも形状は大きいものではありません。

bulb田七人参 配合サプリ
さくらの森 白井田七

さくらの森 白井田七

初回限定 3,980円 送料無料
完全無農薬・有機栽培で作られた田七人参を使用したサプリです。1日分4粒で95mgのサポニンを摂ることができます。その他にフラボノイドや必須アミノ酸を配合。


田七人参の歴史

中国雲南省田七人参は中国雲南省を中心に、環境の厳しい土地で生育しています。生薬として、古くから利用され、中国では紀元1世紀頃には、当時の医薬書に田七人参の効能が記録されていました。

1300年頃から、田七人参の栽培が栄え、今日につながっています。

1970年代には中国では田七人参の輸出の規制が解かれ、日本を含め世界中に輸入されるようになりました。

日本では1980年代に生薬学学会などにおいて、田七人参の研究が盛んに行われ、1995年、㈱アドバンスが無農薬で田七人参の栽培にとりかかり、2008年には有機JAS認証を取得して、安全性の確保された安定的な栽培が行われるようになっています。

効果・効能

田七人参の効果、効能は以下の通りです。

  • 肝機能を改善する
  • 免疫力を上げ、風邪をひきにくくする、治りやすくする
  • 血流を改善し、血管系の病気を予防する
  • 生活習慣病を予防する

田七人参は継続して摂取することで、これらの効果、効能が実感しやすくなります。

作用メカニズム

田七人参の作用メカニズムは以下の通りです。

田七人参の肝機能を改善するメカニズム

田七人参には肝臓の機能を高める作用があります。肝臓は日頃、「過酸化脂質」という血液中の人体に有害な物質を分解する役割を担っており、かなりの負担を背負っています。

過酸化脂質は、血中の中性脂肪悪玉(LDL)コレステロール活性酸素という物質によって酸化することで発生します。

田七人参には抗酸化作用の高い「サポニン」という成分が含まれます。サポニンは、体に発生する活性酸素を除去する働きがあり、血中の中性脂肪や悪玉(LDL)コレステロールが過酸化脂質に変化してしまうのを防いでくれます。

すると、肝臓で分解しなければならない過酸化脂質が減り、肝臓の負荷が軽減されて、肝臓機能の改善につながります。

田七人参の免疫力をあげるメカニズム

風邪田七人参は免疫力強化に役立ちます。免疫力が低下すると、ヒトは風邪インフルエンザにかかりやすくなってしまいます。

田七人参には「有機ゲルマニウム」という成分が含まれており、インターフェロン(※)を誘発して、体をウイルスや細菌による感染から防いでくれます。

また、田七人参に含まれる「サポニン」にも、免疫機能をつかさどるナチュラルキラー(NK)細胞を活性化する働きがあり、体をウィルスや細菌から守ってくれています。

このように、有機ゲルマニウムとサポニンのダブルの効果で、田七人参の摂取が免疫力アップにつながります。

(※)インターフェロンとは、ウイルスなどに感染された細胞が、ウィルスに対抗するために作りだすタンパク質のことです。

田七人参の血流を改善するメカニズム

血流改善田七人参は血流改善に役立ちます。

田七人参に含まれるサポニンは抗酸化作用が高く、体内の活性酸素を除去してくれます。

すると、血中の中性脂肪や悪玉(LDL)コレステロールが洗い流され、血液の流れが良くなります。滞った血流がスムーズになることで、動脈硬化になりにくく、生活習慣病の予防につながります。

また、田七人参に含まれるフラボノイドは毛細血管を強化する作用があり、血流の改善に効果をもたらします。

これにより、田七人参を摂り入れることで、血流改善につながります。血流が良くなると、冷え症肩こりむくみの改善といったメリットがあります。

科学的データや報告


Pharmacological activity of sanchi ginseng (Panax notoginseng). サンシチニンジン(Panax notoginseng)の薬理学的活性


J.Pharmacy Pharmacol, 2006,58,1007-19
サンシチニンジン(田七人参)は、中医学では主に血流改善の目的に使用されていますが、近年の研究により、肝臓を保護する作用、高血圧を下げる作用、血中の脂質を減らす作用、炎症を抑える作用、血管系の病気を予防する効果、などが確認されてきました。

この研究では、これらの効果は、主にサポニンが活性成分(有効成分)となっていることがわかりました。



ウコンおよび田七人参のアルコールおよび細菌毒素誘発肝障害に及ぼす影響


医学と薬学 Vol.52  No.3 369‐373 2004
この研究では、マウスに40%濃度のアルコールを10日間投与し、11日目に細菌毒素である「lipopolysaccharide(LPS)」という物質を投与しました。そうして、マウスに肝障害を起こさせた上で、「ウコン」「田七人参」および胆汁分泌促進薬である「ウルソデオキシコール酸」という成分を与えて、肝障害に対する作用を検討したそうです。

この結果、ウコンの粉末および、田七人参の粉末を与えることで、肝障害が防がれたという結果になりました。


田七人参の摂取がおすすめの人

田七人参の摂取は以下のような人におすすめです。

肝臓機能を表す数値の高い人
田七人参には肝臓機能を良くするサポニンが多く含まれます。ですので、健康診断で肝臓の状態を示すALT、AST、γ-GTPといった数値の高い人や、お酒をよく飲む人におすすめです。

サポニンを摂ることにより、肝臓で行われる分解・解毒の負担を減らし、肝臓は本来の力を取り戻すようになります。

疲れやすい、風邪をひきやすさで健康に自信のない人
田七人参にはサポニンの他に、田七ケトン、アミノ酸、ビタミン、ミネラルが含まれます。普段の食生活に不安を感じている場合、栄養不足をサポートしてくれる成分になります。

田七人参を継続的に摂ることで、栄養バランスが整い、めぐりが良くなり、免疫力も上がり、体質の改善につながります。

田七人参の摂り方

田七人参は粉状、錠剤、エキスを抽出したサプリメントで摂取することができます。

食品としての田七人参の摂取

田七人参は食品として入手できる?

サプリ現在、流通している田七人参は主にサプリメントです。

田七人参そのものを購入するのは難しいでしょう。

サプリメントからの田七人参の摂取

サプリからの摂取のポイント

田七人参のサプリメントにはいくつか形状があり、

  • 粉末を水で溶かして飲むお茶
  • 錠剤
  • 顆粒

といったタイプがあるので、お好みのものを選んでください。

また、サプリで田七人参を摂るポイントは以下の通りです。

  • いいサプリメントの特徴:生産工程、配合量、農薬の有無、認証の有無など、商品の内容が詳細に明示されているものが信頼できます。
  • 摂取目安量:食品由来のため、目安量はありません。商品に記載された適量を摂るようにしてください。
  • おすすめの継続期間:3カ月以上、継続して摂ることで効果があらわれてきます。
  • 効果的なタイミング、時間帯、回数:食前の空腹時がおすすめです。
  • 合わせて摂ると効果的な食品・成分:黒酢】黒酢には活力元となり、また、リラックス作用のあるアミノ酸が含まれます。 特に、疲れやすさや、体の弱さを感じている人に合わせてとってほしい成分です。

上記のポイントを意識しながらサプリメントを摂ると、より効率がよくなるでしょう。

サプリからの摂取の注意点

サプリメントを摂取する際は、以下の点にご注意ください。

  • 保管方法:直射日光の当たらない、涼しい場所で保管してください。
  • 飲んではいけない人:食品のため、病気のない方は適量摂る場合、問題はありません。しかし、薬物療法を行っている場合、薬とサプリメントの併用は、医師、薬剤師にご相談の上、摂取するようにして下さい。
  • 副作用:商品に指示された適量であれば、問題はありません。

田七人参についてのQ&A

田七人参はサプリメントからしか摂れないのですか?錠剤が苦手のため、食品で摂りたいのですが、食品からは摂れないのでしょうか?

現在、日本で入手できるものは、お茶、粉末、顆粒、錠剤などに限られ、食品としては流通していません。サプリメントで田七人参を摂取することが一般的です。錠剤を飲むのが苦手な方は、ティーパックや粉末を水に溶かして液体で摂れるタイプがおすすめです。

田七人参のまとめ

田七人参には肝機能、血流の改善、免疫力強化の効能があります。

摂り方としては、食品からより、お茶や粉末、錠剤などのサプリメントで摂取することが一般的です。田七人参にはサポニンを始め、植物性機能成分、ビタミン、ミネラルなどの成分が含まれ、薬効が数多く認められています。

肝臓機能が心配な方や、生活習慣病の予防に、毎日の健康維持、増進に田七人参のサプリメントの活用をおすすめします。

田七人参 関連サプリ

さくらの森 白井田七

さくらの森 白井田七 ★おすすめ★

初回限定 3,980円 送料無料
完全無農薬・有機栽培で作られた田七人参を使用したサプリです。1日分4粒で95mgのサポニンを摂ることができます。その他にフラボノイドや必須アミノ酸を配合。



【執筆者】管理栄養士 afcom

管理栄養士 afcom氏米国にて高等教育終了後帰国し、食物栄養学部を卒業。大学研究室にて秘書、翻訳を経験後、現在管理栄養士として栄養関連記事の執筆、栄養指導、英日・日英翻訳に従事。

「シンプルな食スタイルで元気になりたい」こんな思いを伝えていきたいと、日々探求しています。

フォローすると、最新のサプリメント情報を簡単に購読できます。