酵素の効果と効能。基礎代謝の向上や免疫力アップなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
enzyme

最近では酵素ダイエットや酵素ドリンクなど、酵素がTVやお茶の間でも話題になることが多くなりました。

しかし酵素とは一体どんなものなのでしょうか?

醤油や味噌、日本酒など発酵食品文化が古来より根付いた日本では、なんとなく体に良いという印象はあるものの酵素とは何?と聞かれると難しいものです。

酵素とは

酵素とは生物が生命活動を行う上で必要不可欠な物質であり、生体内で合成されるたんぱく質の一種です。私たちが食べた様々な食物(栄養素)が口に入ったあとどのように消化・吸収・排出されるのでしょうか。白い牛乳だけ飲んでも、白い尿は出ません。草ばかり食べる牛は白い乳を出します。人間のカラダの中では栄養を栄養として取込むために様々な化学反応が行われています。酵素は消化、代謝などに関わる様々な化学反応を引き起こす小さな歯車のような存在なのです。

酵素は大きく分けて、代謝酵素、消化酵素、食物酵素があります。人間のカラダの中には様々な酵素があり、既に3000種類以上も発見されています。

体内の酵素の減少や代謝・消化酵素のバランスが崩れると、酵素の働きが鈍り体内の代謝機能が低下し、不調を招くことがあります。酵素の活動領域は多岐に渡るため期待される効果も様々です。

例えば生の大根などに含まれる酵素は、でんぷんや脂質、タンパク質を分解する働きがあります。油っぽいものなど胃もたれする食べ物を食べるときに大根おろしを一緒に食べると、症状が軽減されます。

酵素の効果的な取り方

酵素を外部から取り入れる方法としては、生野菜や果物が有効ですが、酵素はタンパク質で構成されているため熱に弱く、失活してしまう特徴があります。
また食酵素の中には細胞壁内に存在する酵素も多くあります。大根おろしなどはこうした酵素の特徴にそった効率良い摂取方法と考えられるでしょう。

加熱処理よく見かける酵素ドリンクも、ドリンクとして販売する際には加熱処理が必須なため、どの程度酵素が含まれているか疑問が残るところです。

また酵素と発酵食品の違いに関しても、きちんと理解しとくことが重要です。よく勘違いしやすいのは「発酵食品=酵素を沢山含んでいる食品」という認識です。

発酵食品は、あくまでも「人間にとって好ましい微生物の働きを食品に作用させる=発酵でできた食品」のことです。微生物の働きという点では「腐敗=発酵」とほぼ同義ですが、人間にとって好ましいという部分がある場合は「発酵」というイメージを持つのが分かりやすいでしょう。

まだ研究過程ではありますが、こうした発酵食品が体内に取り入れられると本来カラダの中にある消化・代謝酵素が活性化すると言われています。

酵素をそのまま補うための酵素サプリメントや酵素ドリンク、カラダの中の酵素の運動サポートする発酵食品など、それぞれ実感値を試しても良いでしょう。

酵素の科学的データ

酵素の発見は19世紀に入ってからで、学術的な研究対象としてはまだまだ若い分野です。酵素栄養学といわれるものもありますが、まだまだ研究途中で健康に関連する科学的な実証データはないのが現状です。

ただ発酵食品が日本人の食文化や健康を支えてきたことは言うまでもなく、人の健康に酵素は深く関わっていることも事実です。

酵素の副作用と安全性

酵素自体は体内にもある物質ですから過剰な摂取をしなければ問題ないでしょう。健康食品やサプリメントは自然由来のものが多いですが人工的な添加物や着色料等がないか注意しましょう。

サプリメント

万田酵素 スタンダード

万田酵素 スタンダード ★オススメ★

8日分モニターセットが”無料”
厳選した54種類の果実や根菜、海藻を、野菜を、3年3ヵ月以上かけて発酵、熟成した植物発酵食品です。果実などは皮や種もまるごと使うことで、不足しがちな栄養素をバランス良く補うことができます。




【監修者】大見 貴秀医師

大見貴秀医師帝京大学医学部卒業。麻酔科標榜医、麻酔科認定医、サプリメントアドバイザー。 日本麻酔科学会、日本抗加齢医学学会(アンチエイジング学会)会員、生活習慣病アドバイザー。

「治療」よりも「予防」を重視して診療にあたる現役医師。麻酔科医として勤務するだけではなく、加齢による身心の衰えや疾患に対するアドバイスを行う。

フォローすると、最新のサプリメント情報を簡単に購読できます。