ニンニクの効果と効能 疲労回復や滋養強壮・コレステロール値の改善など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
garlic

ニンニク(学名:Allium sativumL 英名:Garlic)の効果効能は、疲労回復,滋養強壮,総コレステロール値およびLDLコレステロール値を下げる効果高血圧の改善効果,動脈硬化の予防,血液サラサラ効果,抗ガンの作用,免疫力を高める作用,殺菌,抗菌など、多義にわたります。

ニンニクの原産地は中央アジア。ニンニク持つさまざまな健康効果が人々に受け入れられ世界中に広がっていきました。ニンニクと人間の関わりは大変古く、4500年以上前にエジプトのピラミッド建設に携わる労働者の疲労回復のために使われたという記録があります。

日本でも古事記や源氏物語にニンニクの別名「大蒜(おおびる)」と言う名前で登場します。インドの伝統医療アーユルヴェーダでは、ニンニクを風邪,食欲不振,体力増強の薬としています。現代でこそにんにくを日常的に食べられるようになりましたが、少し前までニンニクは貴重な薬でした。

さらに現代でもニンニクは薬として利用されています。ドイツのコミッションEではコレステロール値を下げる効果と老化による血管の変化を予防する効果のある食材として認可しています。ヨーロッパの医療現場では抗アテローム性動脈硬化薬,抗血栓薬としてニンニクを利用、WHOでは高脂血症とアテローム性動脈硬化の血管変性の予防をニンニクの適応症としています。

ニンニクの効果的な取り方とサプリメント

ニンニクを摂取するにはニンニクをすり下ろしたり、加熱調理したりして食べる方法と、ニンニクエキスを抽出した物をサプリメントに加工した製品から摂取する方法、医療機関でニンニク注射を打つなど色々な方法があります。

食品としてニンニクを摂るとどうしても独特のにおいがあります。気になる人はサプリメントから摂るのも一つの方法です。国内では青森産の福地六片という品種がニオイも強く有効成分が豊富に含まれていると言われています。ニンニクのにおいが気になる人向けに無臭ニンニクというものもあります。

しかし無臭ニンニクの中にはニンニクとは全く違うものを無臭ニンニクとして販売しているケースもあるようなので注意が必要です。ニンニクの有効成分は、におい成分のアリインおよびアリシンです。この成分が取り除かれている物は効果・効能に疑問が残ります。

ニンニクの有効成分

ニンニクの有効成分はアリインやアリシン,スコルジニン,硫化アリルなどの物質などがあります。中でもニンニクの効果効能に関係しているのはアリシンというニンニクのにおい成分です。ニンニクには元々アリインという成分が含まれています。アリインは無臭ですが、ニンニクを切ったり、つぶしたり、すったりするとアリイナーゼという酵素の働きで、ニオイ成分「アリイン」に変化します。

アリインはビタミンB1と結合してアリチアミンという脂溶性の物質に変化します。ビタミンB1は糖質を代謝してエネルギーを発生させる重要なビタミンですが、水溶性のためすぐに排泄されてしまう不足しがちなビタミンです。

アリチアミンになったビタミンB1は脂溶性のため長い間体内にとどまることができ細胞内でエネルギーを発生させます。この作用がニンニクの疲労回復,滋養強壮効果の理由です。またニンニクを食べるとノルアドレナリンの分泌が促進されます。

ノルアドレナリンとは脂肪分解を促進する効果があるホルモン。ニンニクを食べるとノルアドレナリンの効果で代謝が活発になりエネルギー生産が促進されます。さらにニンニクとタンパク質を同時の摂取するとテストステロンというホルモンの分泌が促進されます。テストステロンはやる気を促し快楽をもたらす男性ホルモンです。ニンニクを食べると疲労回復と同時に、やる気が出てきてエネルギッシュに過ごすことができるようになります。

ニンニクの科学的データ

コレステロール値を下げる効果についての研究

ニンニクのコレステロールを下げる効果を検証した45の臨床試験の結果をまとめた研究では、ニンニクを4-25週間投与した結果総コレステロール値が4-12%低下、LDLコレステロール値も改善される傾向にあった。HDLコレステロール値は改善しなかったとしています。

また13の臨床試験(796例)のデータをまとめた研究では、13試験中ニンニクのコレステロール低下作用を認めた試験は10試験、3試験は効果なしとしています。ニンニクの投与量は1日600-900mgのニンニクパウダーを3-6ヶ月摂取。

高血圧の改善に関する研究

ニンニクの高血圧症の改善効果に対する11の臨床試験の結果をまとめた研究。7試験中6試験で効果有り、1試験が効果なしとしています。ニンニクの投与量は600-900mg/日を1-3ヶ月程度摂取した結果、平均収縮期血圧7.7mmHg,拡張期血圧を5.0mmHg低下させている。

個別の臨床試験ではニンニクサプリメントを12週間摂取することで収縮期血圧が171から152へ、拡張期血圧は102から91に低下しています。

動脈硬化に関する研究

280名を対象にニンニクを4年間投与した結果、動脈硬化の進行が抑えられたとしています。

ニンニクの副作用と安全性

一般的には重大な副作用はありません。まれに副作用としては、胸焼け、吐き気、下痢などが出る場合があります食べ過ぎには注意して下さい。医薬品のワルファリンやアスピリンとの相互作用が考えられるので注意してください。その他若干医薬品との相互作用の可能性があります。医薬品を摂取している人は医師に相談してください。

フォローすると、最新のサプリメント情報を簡単に購読できます。