トップ > 成分別 > 桑の葉の効果と効能 糖尿病・高血圧の予防改善、中性脂肪・LDLコレステロールを下げる効果など

桑の葉の効果と効能 糖尿病・高血圧の予防改善、中性脂肪・LDLコレステロールを下げる効果など

桑の葉の効果と効能

桑の葉の効果・効能は糖尿病の予防・改善,食後の血糖値上昇の抑制作用,高血圧の改善中性脂肪値を下げるコレステロール値(LDLコレステロール)を下げる,腸内環境整え便秘を改善する,肝臓および腎臓機能の改善などさまざまです。最近では桑の葉が持つダイエット効果も注目されています。

桑の葉(学名:Morus alba L 英名:Mulberry)は日本各地に自生するクワ科の落葉樹です。蚕のエサとして古くから使われてきた植物で養蚕地を中心にお茶として飲む習慣もありました。桑は葉だけなく、桑の枝や根の皮,桑の実などが漢方薬として古くから使われてきました。

後漢時代に書かれた「神農本草経(しんのうほんぞうきょう)」に桑の葉の薬効について記述があります。日本でも鎌倉時代から薬草として用いられてきました。漢方では桑の葉を中薬(副作用が少なく病気を治す効果があう程度ある)として分類しています。最新の研究でも桑の葉が持つ多くの健康効果が解明され注目を集めています。

桑の葉のお茶やサプリメント,青汁の効果的な飲み方

桑の葉の血糖値コントロール効果を期待する場合は食前15分~食中に取るようにしてください。食後になってしまうと桑の葉の効果が発揮できなくなってしまいます。

桑の葉のサプリメントはお茶や、錠剤、カプセル、青汁などがあります。特に桑の葉の血糖値コントロールに関係していると言われるDNJ(1-デオキシノジリマイシン)を抽出してサプリメントにした商品も販売されています。

桑の葉を一番手軽にとれるのは青汁です。最近では桑の葉を配合した青汁が多く販売されています。青汁ならビタミンミネラル・食物繊維などの桑の葉以外の栄養も補給できるので健康の維持・増進にはぴったりです。最近の青汁は味を工夫して飲みやすくしているものも多いので、飲めないのではという心配もありません。

桑の葉サプリメントやお茶・青汁の摂取量

桑の葉は特に明確な摂取量の基準はありません。臨床試験では1.8g程度の桑の葉が使われていることが多いようです。お茶なら湯飲み一杯程度でも効果があるようです。青汁なら一日の容量を毎日摂ればよいと思われます。桑の葉は短期的な摂取では効果が期待できません。長期間摂取できる方法を選んでください。

桑の葉の有効成分

桑の葉にはビタミンC,ビタミンB1,ビタミンB2,ビタミンA,亜鉛,鉄,マグネシウムカルシウム,食物繊維,各種フラボノイド,カロテン,γアミノ酪酸などが含まれています。なかでも日本人に不足しがちなカルシウムは小松菜の1.5倍、鉄は小松菜の15倍、カロテンはほうれん草の10倍も含まれています。

桑の葉の血糖値抑制効果の鍵を握る成分がDNJと呼ばれる1-デオキシノジリマイシンです。食事から摂った糖質は小腸壁でαグルコシダーゼという酵素と結び付くことで、体内に吸収できる形に分解されます。

桑の葉のDNJはブドウ糖と構造が大変よく似ているためαグルコシダーゼと結びつき、本物のブドウ糖が来ても働けないようにし、糖分は吸収されずにそのまま小腸から大腸へ送られていきます。

DNJの結合は比較的ゆるいためブドウ糖の吸収を全て阻害するわけではなく、ゆっくりと吸収されるようになります。結果として食後の血糖値の急上昇が抑えられ、糖尿病の予防や改善に効果を発揮します。またDNJにはインスリン自体の分泌を促進する効果があります。

その他桑の葉に含まれるフラボノイド類や食物繊維がコレステロール値中性脂肪値を下げ、LDLコレステロールが活性酸素により酸化されるのを防ぎ、動脈硬化を予防します。

食物繊維には腸からのコレステロール吸収を抑える働きがあります。その他桑の葉に含まれているγアミノ酪酸(GABA)に血圧の上昇を防ぐ効果があります。さまざまな健康効果をもつ桑の葉は、DNJや食物繊維、フラボノイド類をはじめてとするさまざまな成分の相互作用で効果を発揮していると考えられています。

桑の葉には糖分をゆっくりと吸収する効果性質があるために、おだやかなダイエット効果があります。

桑の葉の科学的データ

空腹時血糖値の試験
対象 空腹時の血糖値が102-147mg/dlの10人。
試験方法 最初の4週間桑の葉を摂取。 数週間、間隔を空けて偽薬を4週間摂取
投与量 桑の葉1.8gを食前~食後に1日3回。偽薬も同量
結果 桑の葉を4週間摂取した後、空腹時の血糖値変化率が有意に下がった。
糖尿病患者に対する臨床試験
対象 糖尿病患者9人(ヘモグロビンA1c平均7.6)
試験方法 プラセボを対象とした二重盲検法
投与量 桑の葉1.8gを食前~食後に1日3回摂取。期間は2~4ヶ月。
結果 9人中6人のヘモグロビンA1cの値が6.3まで低下。
2002年第23回肥満学会

桑の葉の糖分の吸収を抑える作用は、医薬品とした販売されている糖吸収抑制薬とほぼ同等の効果があるとしています。

他のサプリとの併用

桑の葉エキスとプロポリスギムネマ,バナバ,タマネギ濃縮物などとの併用で血糖値や糖尿病の改善効果が示されています。

桑の葉の副作用と安全性

桑の葉の問題となる副作用や健康被害は今のところありません。まれに膨満感などが出ることがあるようです。糖尿病治療中でなんらかの薬を服用している場合は、かならず医師に相談うえ使用してください。妊婦・授乳中の方に対するデータはありません。避けた方が懸命でしょう。

代表的な桑の葉

神仙桑抹茶ゴールド オススメ

発売以来130万箱突破している桑の葉の大ヒット商品です。桑の葉に緑茶,シモンを加えた粉末健康茶。そのままのんでも飲みやすいと評判ですが、緑茶や牛乳に混ぜて飲めるのでおいしく続けることができるのが人気の秘密。2008年モンドセレクション受賞。全額返金保証付きです。

1ヶ月分 5,700円+税


ふるさと青汁 人気です

抹茶風味で飲みやすいとTVで話題沸騰なのがふるさと青汁です。原材料は栄養価が高いといわれる八丈島産の明日葉に、島根の桑の葉、熊本産の大麦若葉をバランスよく配合した青汁です。青汁特有の飲みにくさもありません。

30スティック 3,800+税円



contents

注意事項
当サイトに示したサプリメント・植物などの効果・効能などについては一般的な事項です。 特定の商品の効果効能を表すものではありません。当サイトには多数の情報を掲載しておりますが情報の完全性は保証いたしません。サプリメントラボから得た情報を元にして生じたいかなる被害についても、当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません

当サイトの掲載内容は用途に関係なく、全体または一部分にかかわらず、無断での複製・転用・配布を禁じます。 当サイトの著作物の無断使用を発見した場合ただちに厳正なる方法で法的手続きを行います。 引用する場合は必ず引用したページへのリンクを設置してください。

​ ​