マヌカハニーの効果と効能 殺菌・消毒作用,外傷の治療,整腸作用,美容効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マヌカハニーとは

マヌカハニーはちみつの一つであるマヌカハニーはニュージーランドで生産されているはちみつです。マヌカハニーにはビタミン,ミネラル酵素が含まれ、ニュージーランドの先住民族、マオリ族は栄養豊富な食材としてマヌカハニーを利用してきました。

マヌカハニーは、はちみつの中でも殺菌作用が強く、胃潰瘍の原因とされるピロリ菌の除去や傷の治りを早める働き、お肌を美しくする効果などで注目を浴びています。

マヌカハニーには独特な苦みと甘みがあり、日本では高級食品として扱われています。また、食用だけでなく医薬品や化粧品としても利用されています。

bulb世界最強のマヌカハニー
薬用オーラルクリスター・ゼロ

ストロングマヌカハニー

ニュージーランド北島のマヌカ自生林の直営養蜂場で生産されたマヌカハニー。活性強度27+〜39+と最高ランクのマヌカハニーです

マヌカハニーの歴史

マヌカマヌカハニーはニュージーランドに自生しているフトモモ科の植物から採れます。ニュージーランドの先住民、マオリ族はマヌカの木の葉や樹皮から抽出したお茶やオイルを薬草としたり、外傷の治療薬として利用したりしていました。

「マヌカ」はマオリ語で「復活の木」や「癒しの木」を意味しています。

マヌカの葉や樹皮を煮た蒸気を風邪のときに吸入したり、液体を肩こりやリユマチ関節にすり込んだり、また、胃炎のときにはその液体を飲む民間療法が知れ渡っていました。

効果・効能

マヌカハニーの効果、効能は以下の通りです。

  • 消毒・殺菌作用
  • 胃腸の不快感をやわらげる
  • 腸内環境を整える
  • 傷の治りを早める
  • 風邪やのどの痛みの予防・改善
  • 口内炎の改善
  • 肌を美しく整える美容効果

作用メカニズム

マヌカハニーの作用メカニズムは以下です。

マヌカハニーの消毒、殺菌作用のメカニズム(特にピロリ菌除去)

マヌカハニーは抗菌作用の強いはちみつです。中でも、ヘリコバクター・ピロリ菌を殺菌する力が強いのが特徴です。

ヘリコバクター・ピロリ菌とは?

胃に生育し、胃の壁を傷つける細菌です。胃潰瘍,胃炎,胃がんの原因物質となります。

ヘリコバクター・ピロリ菌の影響

慢性胃炎,胃潰瘍,十二指腸を誘引します。

胃がんを発症する確率が増えます。

感染の程度

日本人の約半分、特に50歳をすぎると、約7割の人がピロリ菌を胃に保持し、感染状態となっています。

感染しているうちの約5%の人は、胃潰瘍を発症しやすくなります。

マヌカハニーに含まれるメチルグリオキサール(MGO)の効能

メチルグリオキサール(MGO)は、ピロリ菌の除去に効果が高い抗菌物質です。

メチルグリオキサールは解糖系(※1)から副産物として生成され、ピルビン酸(※2)に変えられてクエン酸回路(※3)に入ります。

メチルグリオキサールはタンパク質を変性させ、異常な細胞は構造が変化して活性を失います。

※1解糖系:体内で生じる生化学反応経路。グルコースをピルビン酸などの有機酸に分解して、エネルギーを使いやすい形に変えます。
※2ピルビン酸:有機化合物の一つです。
※3クエン酸回路:TCA回路とも呼ばれます。体内でエネルギーを作り出していく回路です。

マヌカハニーが胃腸の不快感を緩和するメカニズム

マヌカハニーには胃腸の不快感を緩和する働きがあります。マヌカハニーははちみつの中でも胃潰瘍,胃炎,胃がんの原因物質となるピロリ菌を殺菌する力が高い種類です。

胃潰瘍の原因

急性胃潰瘍:ストレス、不規則な生活習慣,喫煙,お酒の飲みすぎなどが原因
慢性胃潰瘍:ピロリ菌感染などが原因

対症療法(投薬や食事療法など)によるピロリ菌除去は再発してしまいやすいため、ピロリ菌を根絶する根本治療が必要になります。

マヌカハニーに含まれるメチルグリオキサール(MGO)には特有の抗菌作用があり、ピロリ菌を殺菌するため、慢性胃潰瘍の根本治療に有効と言われています。

マヌカハニー1kgあたり100mgのメチルグリオキサール(MGO)を含有している製品が効果の高いものです。

マヌカハニーと腸内環境のメカニズム

腸内マヌカハニーは腸内環境を整える作用があります。

はちみつに含まれる成分(ビフィスズ菌,グルコン酸,オリゴ糖など)は善玉菌を増やす働きがあり、これにより腸内環境が整って老廃物の排泄が促進されます。

腸内の環境が整うと便秘や下痢が解消されます。

マヌカハニーに含まれる腸内環境正常化に有効な成分

ビフィズス菌

ヒトの腸に約1~10兆近く住んでいる有用菌です。善玉菌として腸内環境を整えます。形は棒状や分岐した棒状をしています。

グルコン酸

はちみつに含まれる有機酸の約70%はグルコン酸です。グルコン酸はビフィズス菌を増やし、腸内環境を整える働きがあります。

オリゴ糖

食物繊維に似た働きをします。グルコース,フルクトース,ガラクトースが数個つながったものです。その構成する組合せにより、様々な種類のオリゴ糖があります。

オリゴ糖は難消化性であり、消化されずに消化管の下部、つまり大腸にまで到達します。

大腸内でビフィズス菌や乳酸菌に利用されて、それらを増殖させます。オリゴ糖は善玉菌の栄養素になるので、善玉菌を増やし、間接的に腸内環境をよくします。

マヌカハニーと外傷の治療のメカニズム

けがマヌカハニーには殺菌作用で雑菌の繁殖を抑え、傷の治りを早める作用があります。

傷口表面にマヌカハニーを塗りガーゼをあてておくと、マヌカハニーの殺菌作用で、雑菌の繁殖が抑えられます。マヌカハニーは抗炎症効果が高く、腫れを抑えて痛みを和らげてくれます。

また、マヌカハニーに限らずはちみつは火傷や唇の荒れにも治療効果が高いとされています。火傷の患部にはちみつを塗っておくと、はちみつが患部の水を吸い込み、水膨れ(水疱)を防ぎます。

マヌカハニーと美容効果のメカニズム

美肌マヌカハニーは肌を美しく保ち、美容効果の高いはちみつです。肌に塗ることで、以下の効果を得られます。

はちみつの肌への作用

  • 浸透性が高く、肌に栄養が届きやすい。
  • 保湿性が高まり、乾燥を防ぐ。
  • 殺菌効果があり、ニキビの原因となるアクネ菌を取り除く。
  • 免疫力を高めて、アレルギー症状を緩和する。

マヌカハニーには様々なビタミンが含まれ、それぞれが皮膚を健康に保つ作用を担っています。

はちみつは化粧品にも利用され、そのまま使っても効果が期待できます。

はちみつを顔一面に塗ってパックにしたり、石鹸に混ぜて利用したりすると、肌になめらかさが出てきます。

マヌカハニーに含まれるビタミン類

ビタミンB1 糖質代謝に関与します
ビタミンB2 有害な過酸化脂質を分解します
ナイアシン 皮膚を健康に保ちます
ビタミンB6 皮膚の抵抗力を増進します
ビタミンC 抗酸化作用があります。シミ、ソバカスを予防します

科学的データや報告


マヌカハニーの研究


山田蜂蜜研究所「マヌカハニーの研究」より
ニュージーランド国立ワイカト大学・生科学研究所の治療用蜂蜜研究チームは、ハチミツについての実験で、マヌカハニーの中には常時効果のある抗菌活性を持つものがあることを発見しました。

この優れた特性はUMF(Unique Manuka Factor)として知られており、一部のマヌカハニーにだけ確認されるものです。

UMFを有するマヌカハニーは、その効力を示す数字が記されています。



Susceptibility of Helicobacter pylori to the antibacterial activity of manuka honey.


Journal of the Royal Society of Medicine Volume 87 January 1994
胃潰瘍の人の胃から得た5つのピロリ菌分離株を96時間培養して、一般のハチミツ(40%溶液)とマヌカハニー(20%溶液)を用い、寒天平板法による抗菌性試験を行いました。

 一般のハチミツ(40%溶液)では抗菌作用は認められませんでしたが、マヌカハニーでは3つの分離株で増殖が完全に阻止され、残り2つについても抗菌性が示されました。



マヌカハニーの効果<抗酸化活性>


株式会社シクロケムバイオ「最新研究成果 マヌカハニーの効果③<抗酸化活性>」より
蜂蜜のDPPHラジカル消去活性を評価することにより、それぞれの抗酸化力を調べました。

マヌカ蜂蜜は抗酸化物質として知られているシリング酸メチルを最も多く含み、シリング酸メチルを多く含むマヌカ蜂蜜は、評価した蜂蜜8種類中で最も高い抗酸化力を示しました。

マヌカ蜂蜜は他の蜂蜜にはない高い抗菌作用(メチルグリオキサール)と抗酸化作用(シリング酸メチル)を併せ持ち、健康増進を目的とした利用が期待できます。



Antioxidant, Anti-inflammatory, and Antiulcer Potential of Manuka Honey against Gastric Ulcer in Rats


Oxidative Medicine and Cellular Longevity Volume 2016 (2016), Article ID 3643824, 10 pages http://dx.doi.org/10.1155/2016/3643824
エタノールで胃潰瘍を作ったラットにオメプラゾールを投与した群とマヌカハニーを与えた群で、胃潰瘍の改善が有意に見られました。

マヌカハニーの摂取がおすすめの人

マヌカハニーは以下のような人におすすめです。

胃に不快感がある人

マヌカハニーには胃潰瘍や胃炎の原因物質となるヘリコバクター・ピロリ菌を除菌する働きがあります。その効力は他のはちみつよりも高く、胃がんの予防に役立ちます。

風邪やのどの痛みを改善・予防したい人

マヌカハニーには強い抗菌作用があるため風邪やのどの痛みなどの改善や予防に役立ちます。またインフルエンザ予防にも役立つと考えられています。

その効力は他のはちみつよりも高く、胃がんの予防に役立ちます。

美肌を保ちたい人

抗酸化成分のシリング酸メチルは表皮細胞や繊維芽細胞を保護し、お肌を美しく保つ作用があります。

また、抗菌作用の強いメチルグリオキサールは整腸作用があり、体に溜まった老廃物の排泄が促され、肌質の改善につながります。

また、マヌカハニーに含まれるビフィズス菌,グルコン酸,オリゴ糖などの成分は腸内の善玉菌を増やし、腸内環境が整います。

UMFとMGOについて

UMFとMGOはマヌカハニーの品質(抗菌作用)を表す数値です。どちらも値が大きくなると高品質になります。

UMF(Unique Manuka Factor)とは

マヌカハニーに含まれる抗菌作用を数値化したものです。UMF5+,UMF10+,UMF25+のように表記されます。数値が大きくなれば抗菌作用も高くなります。

10+以上のものは医療用に使われるレベルになりアクティブマヌカハニーと呼ばれます。10+以上のものは20%ほど、20+は1%未満しかないと言われています。数値が高くなれば抗菌作用が強くなりますがその分価格も高くなります。

MGOとは

MGOとはメチルグリオキサールの略で、マヌカハニーに含まれる抗菌作用発揮する成分のことです。マヌカハニー1kgに含まれるメチルグリオキサールの量を数値で表し抗菌作用の強さを表します。単位はmgです。MGO100,MGO500などの表記になります。MGO100だとマヌカハニー1kg中にMGOが100mg(0.1g)含まれています。MGO100よりMGO500のように数値が大きい方が抗菌作用も強くなります。

UMFとMGOの関係

・UMFはマヌカハニーに含まれる抗菌作用の濃さ、濃度。
・MGOは抗菌作用を発揮する成分が1kg中に含まれるている量(mg)

となります。両方とも数値が大きいほど殺菌作用が高くなります。UMFとMGOは相互に関係していて簡易換算すると以下のような関係があります。

・MGO100 → UMF10+
・MGO400 → UMF20+
・MGO500 → UMF25+

マヌカハニーの選び方

失敗しないマヌカハニーの選び方をご紹介します。品質がしっかりとしたマヌカハニーには以下の特徴があります。パッケージや販売サイトで確認するようにして下さい。

信頼できるマヌカハニーの特徴

  • 産地やUMF値,MGO値を明記している。特にUMF10+,MGO100+以上のグレードの高いものはニュージーランドでは医療用に使われており効果が高いです。
  • 添加物が不使用か、砂糖の使用または不使用かなど、原材料が明確に提示されているか。
  • 品質管理が徹底していることが明記されているか。

MGO、UMFの目安

UMF10+以上、MGO100+以上のものから選ぶと失敗がないです。これ以上のマヌカハニーをアクティブマヌカハニーと呼び、医療で使用されるグレードになります。最高レベルのマヌカハニーになるとUFM25+,MGO550+以上となります。

アクティブマヌカハニーは価格が高くなります。もう少し気軽に試したい場合はUFM5+,MGO30+クラスのものを選びましょう。しかし、期待できる効果はアクティブマヌカハニーの方が高くなります。

必ずUMFまたはMGOの表示があるものを選んで下さい。中には10+と数字だけが書かれた商品も存在するようです。UMF,MGOとは別の物なので購入時には注意が必要です。

アクティブマヌカハニーを選ぼう

マヌカハニーの効果を期待するならUFM10+,MGO100+以上のアクティブマヌカハニーを選んで下さい。アクティブマヌカハニーは医療用として使用され全体の20%しか存在しません。これ以上の品質の物を選んでいれば失敗はないと思います。

マヌカハニーの摂り方

マヌカハニーの効果的な摂り方をご紹介します。

マヌカハニーの摂取目安量と摂取期間

治療目的には1日小さじ3~4杯程が適量です。マヌカハニーは食品のため、摂取期間は特にありません。

効果的な飲み方

飲み方マヌカハニーの効果的な摂り方にはマヌカハニーをそのまま食べる,ドリンク,サプリメント,飴などがあります。

また、マヌカハニーをそのまま食べる時はビフィズス菌,有機酸,オリゴ糖などが含まれる食材と合わせて摂るのも効果的です。

マヌカハニー × レモン

マヌカハニーにレモン汁を加え、お湯で溶きます。簡単なホットはちみつレモンができます。

マヌカハニー × ヨーグルト

無糖のヨーグルトにマヌカハニーをトッピングする一品です。

マヌカハニー × チーズ

クリームチーズなどお好みのナチュラルチーズにマヌカハニーをかけて、オードブルにしてみましょう。白カビタイプのチーズがはちみつとの相性がよいです。

マヌカハニーの薬との飲み合わせは?安全性と副作用について

マヌカハニーと薬の飲み合わせは基本的には気にしなくても大丈夫です。マヌカハニーは食品=ハチミツなので薬との併用は問題無いと言われています。ただし、気になるようでしたらかかりつけの医師、薬剤師に確認することをおすすめします。

重大な副作用もないようで。昔から民間薬として歴史があるので安全性は高いですが、1歳未満の乳幼児ははちみつを消化する機能が発達していないため、与えないでください。

当然ですがハチミツアレルギーのある方は摂取を避けて下さい。

保管方法

直射日光を避け、涼しいところに保管してください。

マヌカハニーについてのQ&A

マヌカハニーは抗菌作用によって風邪などを予防してくれると聞いたのですが、それは腸内細菌には悪影響にならないのでしょうか?

マヌカハニーは抗菌作用により、風邪などの感染症の予防に効果的です。

この抗菌作用はマヌカハニーに含まれているメチルグリオキサールの作用によるもので、この成分は腸内の善玉菌を増やし、整腸作用があります。

これは腸内細菌を殺菌しませんので悪影響にはなりません。

マヌカハニーの「+5」や「15+」などの数値は何のことですか?

マヌカハニーに含まれるメチルグリオキサールが消毒剤のフェノール(石灰酸)溶液に対して何%の抗菌力があるという意味です。

この数値はマヌカハニーの効能を示し、様々な基準が設けられています。

UMF(Unique Manuka Factor):
ニュージーランド政府機関(UMFハニー協会)による審査により、マヌカハニーの効力を示す数字が記されています。値が高いほど抗菌活性が高いものです。

TA(Total Activity):
市販のマヌカハニーで多く利用されている値です。同濃度のフェノール水溶液と同じ殺菌力があるかを数値で示しています。数値が高いほど抗菌活性が高いものです。

MGO:
マヌカハニーのメーカー、マヌカヘルス社で独自で決めている数値。MGOは1kgのマヌカハニーに含まれるメチルグリオキサール値です。数値が高いほど抗菌活性が高いものです。

マヌカハニーは、飲んで体の内側から効くのか、塗ったりなめたりすることで付着して効くのか、どちらでしょうか?

どちらの効能もあります。食用として利用して内側から効く効能と、医薬品や化粧品として肌に塗って効く効能があります。ご自身に合った活用法をお試しください。

マヌカハニーとプロポリスはどう違いますか?

以下のような違いがあります。

マヌカハニー

  • ニュージーランドに自生するマヌカの木の花の蜜から採集された蜂蜜。
  • 殺菌力が強い。
  • 抗菌活性は熱に強く、温かい飲み物に入れても効果が高い。

プロポリス

  • ミツバチが植物の樹液や花粉と唾液などを体内で合成することで生み出す物質。
  • 抗酸化作用,抗炎症作用,免疫力改善,精神安定作用がある。

はちみつは1歳未満の子どもにはあげてはいけないそうですが、マヌカハニーも赤ちゃんにはあげてはいけませんか?

マヌカハニーも1歳未満の子どもには食べさせないでください。はちみつには稀にボツリヌス菌の芽胞が入っていることがあります。

腸内細菌の少ない1歳未満の子どもは、ボツリヌス菌が原因で乳児ボツリヌス症を発症する恐れがあります。厚生労働省は1歳未満の乳児にははちみつを食べさせないように、指導しています。

マヌカハニーのまとめ

マヌカハニーマヌカハニーはニュージーランドに自生している植物の花から採れるはちみつです。マヌカの木は高さ5~8mに生長し、春から夏にかけて白やピンクの花が咲きます。

先住民のマオリ族はマヌカを薬木として、葉から抽出したオイルやお茶を傷や病気の治療に利用していました。

マヌカハニーは一般のはちみつよりも抗菌力が強く、ニュージーランドでは医薬品としても使用されています。

マヌカハニーは独特な苦みと甘みがあり、日本では高級なはちみつとして扱われています。

口内炎や咽喉の痛みの緩和,胃潰瘍の改善,免疫力向上,美容目的などに利用者が増えています。

胃の不快感や肌荒れ、アレルギー症状といった悩みがある人はぜひ利用してみましょう。

最高品質のマヌカハニー


薬用オーラルクリスター・ゼロ

ストロングマヌカハニー

ニュージーランド北島のマヌカ自生林の直営養蜂場で生産されたマヌカハニー。活性強度27+〜39+と最高ランクのマヌカハニーです

<参照>
オールガイド食品成分表2016 実況出版
ハチミツ百科 渡辺 孝 真珠書院
はちみつ大好き。 ラベイユ MARBLE BOOKS
日本マヌカハニー協会



【執筆者】管理栄養士 afcom

管理栄養士 afcom氏米国にて高等教育終了後帰国し、食物栄養学部を卒業。大学研究室にて秘書、翻訳を経験後、現在管理栄養士として栄養関連記事の執筆、栄養指導、英日・日英翻訳に従事。

「シンプルな食スタイルで元気になりたい」こんな思いを伝えていきたいと、日々探求しています。

フォローすると、最新のサプリメント情報を簡単に購読できます。