マリアアザミ(ミルクシスル)の効果と効能 肝臓を守る・デトックス効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
milkthistle

マリアアザミ(ミルクシスル)には肝臓を毒から守るデトックス効果があります。デトックス以外にも脂肪肝やアルコール性肝炎,肝硬変,急性ウィルス性肝炎,肝機能障害など肝臓が陥ってしまう様々なトラブルに効果があります。

デットクス効果が高いためお酒やたばこを吸う人などにはお勧めのハーブです。マリアアザミは2000年以上前からから肝臓の薬とされてきました。西暦1世紀にはローマの博物学者の大プリニウスが肝臓薬として勧めています。

マリアアザミ(ミルクシスル)は地中海沿岸原産のキク科の草で、おおあざみとも呼ばれます。赤紫色の花をつけ、種の中に肝臓に薬理学的な効果をもたらす成分が含まれています。ドイツをはじめヨーロッパ各国,中国,韓国などではマリアザミから抽出したエキスが肝臓の治療薬として認可されています。

マリアアザミはしっかりとした科学的データーによって証明された副作用のない植物性の肝臓薬です。肝臓の損傷を予防し、肝細胞と肝臓組織を再生します。

マリアアザミ(ミルクシスル)の効果的な取り方

マリアアザミをとりたい場合は、サプリメントで摂るのが一般的です。マリアアザミの有効成分はシリマリンと言われる成分。、サプリメントを選ぶときは知りマリンがが一定して70%(一日の摂取量では200mg~400mg)含まれる製品を選ぶようにします。マリアアザミは短期間では効果がでないので、継続使用をオススメします。

マリアアザミ(ミルクシスル)サプリメントの種類

日本ではヘルシーワンやアサヒ,DHC,小林製薬など各社から発売されています。日本製のサプリメントはマリアアザミだけでなく、肝機能を向上するウコンを相乗効果で配合している物もあります。少数ですがドリンクタイプも販売されています。有効成分のシリマリンは種からの抽出物なのでハーブティーでは効果が期待できないと思われます。

代表的なマリアアザミサプリメント
ヘルシーワン レバーサポート(マリアアザミ&ウコン)

マリアアザミ(ミルクシスル)の有効成分

マリアアザミの活性成分は、抗酸化作用を持ったシリマリンと呼ばれるフラボノイドの複合体です。マリアアザミだけに存在するシリマリンは、広範囲な研究によって健康な肝細胞の損傷を予防する一方傷ついた肝臓の細胞を再生することがわかっています。シリマリンは肝細胞の外側をガードしていて、毒物が細胞膜を破って細胞内に進入するのを防ぎます。また細胞内に進入してしまった毒性物質を無毒化します。

シリマリンは、DNAとRNAの働きを高め、肝細胞の内側でたんぱく質の合成を促進し、損傷した肝細胞の再生を高めます。シリマリンは肝臓内での最強の抗酸化物質のグルタチオンの肝臓内での濃度を平均35%も高めます。またSODの働きも高めることが確認されています。

マリアアザミ(ミルクシスル)の科学的データ

1970年代ミュンヘン大学

研究効果がゆっくりとでる肝臓を破壊する化学物質をねずみに与える実験の結果、130日でねずみは100%死亡。同時にマリアアザミを与えると、70%のねずみが生き残った。その後行われた200を超える動物実験,臨床試験でマリアアザミは脂肪肝,急性肝炎,慢性肝炎,薬による肝臓の損傷,毒性物質による肝臓の損傷,進行した肝硬変など、さまざまな肝臓の病気に対して効果的な治療法になることが証明された。

1992年ドイツ

2637名の脂肪肝,肝炎,肝硬変などの患者に対して行われた研究。8週間後に63%の患者の吐き気,疲労,食欲不振,腹部の膨張などの症状が消えている。肝臓の損傷を示す酵素の血中値が平均で46%も下がっている。また肝臓が肥大していた人の27%が正常なサイズに戻り、56%が劇的なサイズの縮小をしている。

ドイツ

アルコールによって肝臓に損傷を持った116名を対象にした二重盲検法による研究。1日に420mgのマリアアザミ抽出物を摂取した結果、2週間以内に根本的な治癒効果をもたらすことが確認された。

1981年ドイツ

脂肪肝,アルコール性肝炎,肝硬変を含むアルコールによる肝臓障害をもった29名の患者を対象に行われた試験結果。マリアアザミを摂り出して2ヵ月後に肝臓機能のテストによって顕著な改善が改善されている。

マリアアザミ(ミルクシスル)の副作用と安全性

複数の研究によると、肝臓に影響を及ぼすほかの薬と違って、マリアアザミは1%以下の人に胃の不調のような軽い副作用が報告されているだけです。ミルクシスルに毒性,処方薬との相互作用の報告もありません。

フォローすると、最新のサプリメント情報を簡単に購読できます。