乳酸菌(ビフィズス菌)の効果と効能 整腸効果や免疫力アップ・花粉症・アレルギー・便秘の予防改善など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
nyusankin

乳酸菌・ビフィズス菌は、腸内環境を正常化させてくれる効果のある善玉菌のひとつです。

乳酸菌(ビフィズス菌)の効果と効能

乳酸菌はヨーグルトやチーズ,漬け物などの発酵食品を作る菌として古くから利用されていました。乳酸菌とは単一の菌の名称ではなく糖を分解して乳酸を作る菌の総称です。乳酸菌の代表格として扱われるビフィズス菌ですが、正確には乳酸菌には分類されません。

しかし腸内の善玉菌として便宜上乳酸菌として扱われているようです。乳酸菌が作り出す乳酸は酸性物質で酸味を持っています。乳酸菌で作られたヨーグルトや乳酸飲料の独特の酸味がある味や香りは乳酸菌によって乳酸が作られた結果です。

乳酸菌(ビフィズス菌)の効果・効能は様々あるなかで最も注目すべきは「腸内環境を整える」ことです。人間の腸内には100~500種類、100兆個以上の腸内細菌が存在しています。腸内細菌は健康に良い効果を与える「善玉菌」,健康に悪影響を与える「悪玉菌」,どちらとも言えない「日和見菌(ひよりみきん)」が生存場所を取り合って争っています。

詳しくは後述しますが、悪玉菌が増えてしまうと健康にいろいろな悪影響を与えてしまいます。乳酸菌やビフィズス菌は善玉菌の見方をし、腸内で善玉菌が増えるのを手助けします。乳酸菌やビフィズス菌に便秘や下痢の予防,改善効果があるのはこういった理由です。

その他乳酸菌には免疫を活性化・調整する効果があるため、花粉症の予防や改善アトピー性皮膚炎の改善,ガン予防,コレステロールを下げる働き高血圧を改善する効果などがあります。腸は免疫に重要な働きをし、健康の要になる器官です。腸の状態を健康に保つ乳酸菌やビフィズス菌は健康にとってなくてはならない菌なのです。

乳酸菌(ビフィズス菌)の効果的な取り方とサプリメント

乳酸菌やビフィズス菌を摂る目的は腸内の善玉菌を増やすこと。善玉菌を増やすには2つの方法があります。

乳酸菌入りのヨーグルト
1.プロバイオティクス
乳酸菌やビフィズス菌が配合されたヨーグルトやサプリメントを摂る

2.プレバイオティクス
腸内で善玉菌を増やすオリゴ糖や食物繊維を摂る方法

どちらが良いと言うことではなく、両方同時にした方がベターです。サプリメントやヨーグルトから摂る場合は胃酸でも乳酸菌やビフィズス菌が死なないように工夫された製品を選んでください。

乳酸菌にはl-92やLB81,1073R-1,BB536,カゼイシロタ株,KW3110,LGG株,ラクティスなどいろいろな種類があり、善玉菌を増やすことについては変わりないのですが、花粉症によい,アトピーに効果的などそれぞれ特徴とする効果・効能が違っています。腸内細菌のバランスは個々で大きく違います、いろいろな種類を試してみて自分に合った物を選ぶようにして下さい。

乳酸菌(ビフィズス菌)サプリメントの摂取量の目安

乳酸菌をヨーグルトから摂る場合は毎日300g程度。菌数では100億個程度のビフィズス菌を摂るようにします。便秘気味など腸内環境が優れない場合は少し多めに摂るのがコツです。また乳酸菌は単一の菌ではなくいろいろな菌を摂った方がよいと言われています。ヨーグルトやサプリメントなどいろいろと組み合わせて摂るのも良いと思います。いずれにしても長く続けなければ意味がないので、続けられ方法,価格の物を選んでください。

乳酸菌(ビフィズス菌)の働き

乳酸菌の整腸作用
人間の腸内には、健康にとって有用な働きをする「善玉菌」,悪影響を与える「悪玉菌」,どちらとも言えない「日和見菌」の3種類が存在しています。善玉菌の代表は乳酸菌やビフィズス菌,乳酸桿菌(にゅうさんかんきん),乳酸球菌など。

良好な腸内環境を保っている成人では腸内細菌のうち15~20%程度が乳酸菌です。乳酸菌などの善玉菌は腸内を酸性にして細菌の繁殖を防ぎます。乳酸菌自身も酸性の環境で増殖します。一方悪玉菌は大腸菌やウェルシュ菌などが代表。健康な成人では腸内細菌に悪玉菌がしめる割合は3%程度です。悪玉菌はアルカリの環境を好みます。

腸内で悪玉菌が増殖すると、悪玉菌が生成する毒素が多く作られるようになります。毒素は腸に直接ダメージを与え大腸ガンなどの重大な病気の原因となります。また腸壁から吸収された毒素は全身に回っていき、免疫力を低下させ生活習慣病など様々な病気の原因になります。そのため腸内で乳酸菌やビフィズス菌が増える手助けをして、腸内環境を良好に保っておくことが大切になります。

腸内細菌のバランスは食べ物,年齢,薬,ストレスなどの影響によりめまぐるしく変わっています。中でも影響力が大きいのが毎日の食事です。肉などの高タンパク、高脂肪の食事が中心だと悪玉菌がどんどん増えていきます。悪玉菌が多いときは便の色が黒っぽくニオイも強くなります。一方食物繊維や乳酸菌,オリゴ糖などを食べると腸内では善玉菌が増殖してきます。善玉菌が多いと便の色は黄色っぽい茶色になり、ニオイもあまりしなくなります。

腸内で善玉菌を増やすにはヨーグルトや乳製品から乳酸菌やビフィズス菌を摂るのが効果的(プロバイオティクス)です。細菌では胃酸で死なずに腸までとどく乳酸菌が開発されています。腸まで届いた乳酸菌は腸に住み着くのではなくそのまま排泄されてしまいますが、腸を通過するときに酸性物質を生成して腸内を善玉菌が増殖しやすい環境に整えます。

数日~10日程度続けていると腸内では善玉菌が勢力を得て悪玉菌を追いやるようになります。さらに乳酸菌のエサとなるオリゴ糖を摂取すると効果的です(プレバイオティクス)。

乳酸菌(ビフィズス菌)の科学的データ

コレステロール値に関する試験

総コレステロール値が220-280mg/dlの男性32人を対象にビフィズス菌(BL1)入りヨーグルト100mlを1日3回、4週間投与したところ、総コレステロール値,LDLコレステロール値,中性脂肪値が有意に低下した。

KW乳酸菌に関する試験

マウスでの実験ですがKW乳酸菌がアトピー性皮膚炎に改善作用が見られています。アトピー性皮膚炎を発症しているマウスに、標準飼料のグループととKW乳酸菌を1日10mg与えるグループに分け実験。KW乳酸菌を摂取したグループには皮膚の症状は現れなかった。

また約50日後に血中IgEを測定したところKW乳酸菌を摂ったグループは約1/3に抑えられていた。KW乳酸菌は花粉症症状を有するヒトを対象とした摂取試験でも改善作用が認められています。

乳酸菌やビフィズス菌の特定保健用食品について

ビフィズス菌や乳酸菌を成分とした特定保健用食品が数多く発売されています。特定保健用食品とは特保(とくほ)とも呼ばれ、日本人を被験者とした臨床試験を実施し、その有効性が科学的に証明された場合に厚生労働省より表示が認められます。許可表示内容はそれぞれの商品により異なりますが、おおむね「腸内環境を整え、健康を守ります」といった内容です。

乳酸菌(ビフィズス菌)の副作用と安全性

乳酸菌やビフィズス菌はヨーグルトや漬け物で長い間の食経験があり、幼児から老人まで適正な範囲での摂取は安全性は非常に高いです。副作用や薬との相互作用も現在の所ありません。

インフルエンザや風邪を予防する1073R-1乳酸菌

1073R-1乳酸菌にインフルエンザや風邪のウィルスを攻撃してやっつける働きがあるNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化する効果があることが明らかになりました(参考HP)。

NK細胞はウィルスを直接攻撃する、まさに最前線で戦う免疫細胞です。しっかりとした臨床試験でも1073-Rの効果が確認されています。1073-R1に限らず乳酸菌やビフィズス菌には腸内の免疫系を刺激してNK細胞を活性化して免疫力を高める働きがあります。風邪やインフルエンザを予防する意味でも積極的に乳酸菌を摂ること効果的です。

フォローすると、最新のサプリメント情報を簡単に購読できます。