高麗人参(朝鮮人参)の効果と効能 滋養強壮・疲労回復・新陳代謝改善・ED・糖尿病の改善など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
panax-ginseng

高麗人参エキスの効果と効能は、疲労回復,スタミナ補給,病中病後の体力回復,滋養強壮,虚弱体質の改善,血糖値を下げる作用による糖尿病改善,認知症や記憶力の予防・改善,生活習慣病の予防・改善,血行促進,抗ストレス,冷え性改善,性機能(勃起障害:ED)の回復,不妊,抗ガンなど多くの健康効果を持っています。学名のpanaxは万能薬という意味があり、高麗人参が持つ多くの効能を表しています。

高麗人参(学名:Panax ginseng C.A Meyer 英名:Chinese Ginseng, Korean Ginseng)は中国北東部から朝鮮半島にを原産地とするウコギ科トチバニンジン属の根を乾燥させたものです。乾燥方法の違いにより「白参」と「紅参」があり、白参は4年物、紅参は6年物の高麗人参から作られます。品質的には紅参の方が優れています。

高麗人参は、朝鮮人参・オタネニンジンとも呼ばれ中国では古くから不老長寿の漢方薬として利用されてきました。日本でも「日本薬局方」に高麗人参の効果・効能が記載されています。

またドイツのコミッションEでは、疲労回復,衰弱,病後の回復に高麗人参の使用を承認しています。多くの効能があり効果が高い高麗人参ですが、副作用や禁忌があるので使用時には正しい知識が必要なハーブです。なお、アメリカ人参やシベリア人参など「人参」がつくハーブがありますが、高麗人参とは全くの別物です。

高麗人参サプリメントやお茶の選び方と飲み方

高麗人参のサプリメントはお茶や粉末,エキスを抽出したドリンク,錠剤,顆粒などいろいろなタイプが販売されています。国民生活センターが高麗人参の健康食品を調査したところ、高麗人参のサプリは品質にばらつきが大きいと発表しています。

特に有効成分のジンセノイドの含有率は大きく異なっています。高麗人参由来成分と有効成分の含有量は比例しません。残留農薬が充分に除去されていない商品も一部出回っているようです。

高麗人参のサプリやお茶はメーカによって品質の差が大きく異なります。サプリメントの場合ジンセノイドが規格化されている信頼できるメーカーのものを選ぶようにしてください。


【おすすめ高麗人参サプリ】
神秘の健康力 金氏高麗人参神秘の健康力 金氏高麗人参
高麗人参の中でも上級品の「紅参」だけを使用しているので有用成分を多く含んでいます!エキスを粉末状にしているから吸収性も抜群です。

2,700円(税込)1袋30粒 約1ヶ月分

高麗人参サプリメントやお茶の摂取量

特に明確な摂取量の基準はありません。各商品ごとの摂取量の目安を守るようにしてください。高麗人参は過剰摂取による副作用がでやすいサプリメントです。

高麗人参の有効成分

高麗人参の有効成分はサポニン配糖体の一種であるジンセノイドです。ジンセノイドは、Rb1やRg1など約30種類の有効成分の集まりです。高麗人参が持つ多くの健康効果はジンセノイドの複数の有効成分が相乗効果を発揮した結果と考えられています。その他高麗人参にはビタミン・ミネラル・アミノ酸・ペプチドグルカンなどが含まれています。

高麗人参のジンセノイドの働きは複雑です。代表的なRb1は中枢神経を抑制し血圧を低下させるように働き、Rg1は中枢神経を刺激し血圧を上昇させ血流を促進するという全く逆の働きをします。

Rb1にはその他にもNK細胞を活性化させ免疫を高める効果やエストロゲン作用,血小板凝集抑制作用などがあります。高麗人参の効果・効能はジンセノイドによるところが大きいのですが、その働きや仕組みについての詳細はまだ解明されていません。

高麗人参の科学的データ

勃起不全EDに関する臨床試験 韓国ウルサン大学ホング教授(2002年)
対象 勃起不全(ED)患者45人
試験方法 プラセボを対象とした二重盲検法
グループ1:高麗人参摂取群
グループ2:プラセボ(偽薬)摂取群
投与量 高麗人参900mgを1日3回。16週間摂取。プラセボ群は偽薬を同量同期間摂取
結果 グループ1(高麗人参摂取)の60%が勃起し、持続力,硬度ともにプラセボグループよりも優れていた。
II型糖尿病患者に対する臨床試験
対象 II型糖尿病患者36人
試験方法 プラセボを対象とした二重盲検法
グループ1:高麗人参摂取群
グループ2:プラセボ(偽薬)摂取群
投与量 高麗人参エキスを1日200mg。8週間摂取
結果 空腹時の血糖値がプラセボ群と比較して有意に低下
風邪およびインフルエンザに対する臨床試験
対象 健康な成人227人
試験方法 プラセボを対象とした二重盲検法
グループ1:114人の高麗人参摂取群
グループ2:113人のプラセボ(偽薬)摂取群
投与量 高麗人参エキスを1日100mg。12週間摂取。プラセボ群は偽薬を同量同期間摂取
結果 12週間高麗人参を摂取後のインフルエンザと風邪の罹患率を調査するとプラセボ群では感染率37%立ったのに対して、高麗人参摂取群では13%だった。また免疫力を高めるNK細胞活性は高麗人参摂取群はプラセボ群と比べて2倍高かった。
脳の機能改善についての臨床試験
対象 40歳以上の健康な人112人
試験方法 プラセボを対象とした二重盲検法
グループ1:高麗人参摂取群
グループ2:プラセボ(偽薬)摂取群
投与量 高麗人参エキスを1日400mg。2ヶ月摂取。プラセボ群は偽薬を同量同期間摂取
結果 高麗人参摂取グループはプラセボ群と比べて抽象的な思考や安産の能力,反応時間が改善した。

記憶力に関する試験

記憶力については高麗人参だけでは効果がみられないが、イチョウ葉との同時摂取により記憶力が向上したというデータがあります。摂取量は高麗人参100mgとイチョウ葉エキス60mg

コレステロール値に関する試験

高麗人参を投与したところ総コレステロール値中性脂肪値,LDLコレステロール値が低下し、HDLコレステロールは増えたというデータがあります。

高麗人参の副作用と安全性

高麗人参には口の渇きや動悸,不眠,吐き気などの副作用がでることがあります。副作用として躁状態の例があります。副作用が出た場合は使用を中止してください。高麗人参で一番多い健康トラブルが過剰摂取です。効果を期待するあまりの摂りすぎには充分注意してください。

高麗人参には血糖値を下げる効果があります。糖尿病治療中の方は低血糖に注意が必要です。また高血圧には禁忌です。高麗人参を長期間摂取すると不眠や動悸,頭痛などが出る場合があります。一般的に、高麗人参は適量を経口摂取で用いれば安全性は高いハーブです。

フォローすると、最新のサプリメント情報を簡単に購読できます。