植物ステロールの効果と効能 コレステロール値を下げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
phytosterol

植物ステロール(Pytosterol:フィトステロール)とは植物に含まれるステロールの総称です。

動物由来のステロールをコレステロール、植物由来のステロールを植物ステロールと呼びます。

植物ステロールとは

植物ステロールはβシトステロール,カンペステロール,スティグマステロール,ブラシカステロールなど40種類以上のステロールの混合物です。食品では野菜や果物,食物油などに含まれおり、料理用油やマーガリンなどに添加されることがあります。

植物ステロールには、コレステロール値を低下させる効果,前立腺肥大による排尿障害の改善効果があります。特にコレステロール値を下げる効果についてはしっかりとした臨床試験も行われ、日本国内でも特保として許可を受けているサプリメントもあります。

植物ステロールは総コレステロール,LDL(悪玉)コレステロールを下げる効果がありますが、中性脂肪,HDLコレステロール値には影響を与えません。


植物ステロールの効果的な取り方とサプリメント

植物ステロールを摂るには、植物ステロールが配合されている料理用油(健康サラダ油など)やマーガリンからとる方法と、サプリメントから摂取する方法があります。食用油やマーガリンは毎日の食事の中で気軽に取れるのが魅力ですが、カロリーが気になってしまいます。

コレステロール値を下げる効果を期待する場合の摂取量の目安は1日1,000mg程度です。食事だけで摂るのは現実的ではないのでサプリメントで補うようにします。ちなみに日本人が食事から摂る植物ステロールは1日に100mg-400mg程度です。

植物ステロールサプリメントの種類

植物ステロールのサプリメントは錠剤や粉末に加工され販売されています。

植物ステロールの前立腺肥大改善効果を期待する場合はノコギリヤシが配合されているモノが相乗効果を期待できるのでおすすめです。

コレステロール値を下げる目的では植物ステロール単体でも良いですが、DHA/EPAなどが配合されていると相乗効果が期待できます。


植物ステロールがコレステロール値を下げる仕組み

食品から摂取されたコレステロールは小腸で吸収されます。その際コレステロールが胆汁酸によりミセル化されなければ吸収されません。

植物ステロールはこの過程を阻害する働きがあり、コレステロールが小腸から吸収されるのを防ぎます。その結果吸収されるコレステロールが減るため、血中のコレステロール値が低下していきます。

植物ステロールの科学的データ


「改定補強版機能性食品素材便覧 特定保健用食品からサプリメント・健康食品まで(著者:名古屋文理大学健康生活学部教授 清水敏雄氏ほか)」の評価:A(コレステロールの低下)


改定補強版機能性食品素材便覧 特定保健用食品からサプリメント・健康食品まで
ISBN4-8408-0925-9 P220-221 植物ステロールより
複数のランダム化比較試験または疫学研究またはシステマティックレビューにおいて有効性が確認されている(特定保健用食品は同等レベルとする)


良性前立腺肥大症に対する森ステロールの効果


Hinyokika Kiyo. 1983 Mar;29(3):365-9.
[Effect of Moristerol (anti-cholesterolemic agent) on benign prostatic hypertrophy].

20人の良性前立腺肥大症患者に対して6週間の間、200mgのソイステロールが含まれたカプセルを9つ投与しました。その結果、尿量と残尿感に改善が見られ、良性前立腺肥大症の誘発要因となる過酸化脂質も減少しました。

植物ステロールの副作用と安全性

植物ステロールには一般的には特に問題となる副作用や健康被害はありません。ごくまれに下痢や便秘などの症状がでることがあります。脂溶性ビタミン(ビタミンEビタミンAなど)の吸収を阻害する作用があります。

併用する場合は数時間あけて摂取した方がよいでしょう。薬との相互作用は現在のところ報告はありません。ただし高脂血症の治療薬を服用している場合は注意が必要です。



【監修者】大見 貴秀医師

大見貴秀医師帝京大学医学部卒業。麻酔科標榜医、麻酔科認定医、サプリメントアドバイザー。 日本麻酔科学会、日本抗加齢医学学会(アンチエイジング学会)会員、生活習慣病アドバイザー。

「治療」よりも「予防」を重視して診療にあたる現役医師。麻酔科医として勤務するだけではなく、加齢による身心の衰えや疾患に対するアドバイスを行う。

フォローすると、最新のサプリメント情報を簡単に購読できます。