ホスファチジルセリン(PS)の効果と効能 物忘れの改善や集中力アップ・うつ・認知症など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ps

ホスファチジルセリン(PS)とはリン脂質(レシチン)の一種で、タンパク質ととも細胞膜を形成する大変重要な物質です。人間の体は60兆個もの細胞から作られており、全ての細胞膜にホスファチジルセリンが存在し細胞膜の柔軟性を保つ働きをしています。

細胞膜に存在するホスファチジルセリンは細胞内への栄養素の取り込みと、老廃物の排出に重要な働きをしています。体内でホスファチジルセリンが最も多く存在すのは脳。そのため脳の栄養素とも呼ばれています。中でも神経細胞に集中し、脳内での情報伝達や血流に重要な働きをしています。

ホスファチジルセリンには脳への血流を改善し脳細胞を活性化させる効果があるため、アルツハイマーや認知機能障害,記憶障害,記憶力,注意力,判断力,集中力の改善など脳機能の向上に有効です。その他、気分の落ち込みや無気力,不眠などのうつ病の改善例もあります。

ホスファチジルセリンは体内でも一部生成されますが、必要量の大部分は食品から体内に取り込まれます。ホスファチジルセリンは加齢とともに次第に減少してしまい、脳機能が低下してしまう大きな原因と考えられています。食品では牛肉や大豆に多く含まれますが含有量が少ないため、充分な量を食品から摂取するのは難しい成分です。

ホスファチジルセリンの効果的な取り方とサプリメント

ホスファチジルセリンの脳機能改善効果を期待するためには比較的多めの量を摂取しなければ効果が得られません。食品では大豆に比較的多く含まれますが、必要量を摂るためには1,000粒以上食べなければなりません。ホスファチジルセリンを必要量摂るためにはサプリメントから摂取するのが現実的です。

ホスファチジルセリンサプリメントの摂取量

ホスファチジルセリンの摂取量は1日100mg~300mg程度が目安です。期間は最低でも数ヶ月間は必要とされています。記憶障害やアルツハイマー病の予防目的であれば1日100~200mg程度、脳機能の向上,改善ならば200~300mg程度を目安にしていください。

摂取量が少ないと効果がでないのでサプリメントを選ぶときは必ずホスファチジルセリンの量を確認してください。いずれにしても短期間では効果がでないので、長期間続けられる方法を選んでください。

ホスファチジルセリンの脳での働き

ホスファチジルセリンは脳内で血管壁の細胞膜を柔らかくする効能があります。そのためホスファチジルセリンを摂取すると脳内の血管が柔らかくなり血流が改善され充分な栄養(ブドウ糖)と酸素が脳細胞に届けられるようになります。また、不要になった老廃物の排出も活発になります。

ホスファチジルセリンの特徴は脂溶性と水溶性の両面を持つことです。そのため細胞膜の内外に存在でき脳機能を向上させます。また脳内で情報伝達を行うシナプスの周りに充分なホスファチジルセリンが存在すると、脳内での情報伝達がスムーズに行われるようになります。

コルチゾールという副腎皮質ホルモンがあります。コルチゾールは人間にとって必要なホルモンなのですが過度のストレスにより多量に分泌されてしまいます。最近コルチゾールの過剰分泌が脳の記憶に関わる海馬を萎縮させてしまうことがわかってきました。

その他にもコルチゾールが過剰になってしまうと、うつ病や食欲不振,免疫力の低下,高血圧,肥満,糖尿病などの原因となってしまいます。ホスファチジルセリンにはコルチゾールの分泌を抑制する働きがあります。

ホスファチジルセリンとともに脳の機能を改善する栄養素としては、血流を改善するイチョウ葉エキスや脳細胞を活性化するDHAやギャバ,コエンザイムQ10、脳内の活性酸素を除去するアスタキサンチンなどがあります。これらの栄養素はホスファチジルセリンと一緒に摂取すると相乗効果が期待できます。

ホスファチジルセリンの科学的データ

認知症に関する臨床試験

認知症患者33人にホスファチジルセリンを1日300mgを8週間投与した結果、検査指標による改善が認められた

記憶障害に関する臨床試験

記憶障害の患者149人を対象にした二重盲検試験。ホスファチジルセリン100mgを1日3回、12週間投与した結果、有意な記憶改善効果が認められた

ホスファチジルセリンの副作用と安全性

ホスファチジルセリンを適量摂っている範囲では副作用の報告はありません。薬との相互作用も現在のところありません。

フォローすると、最新のサプリメント情報を簡単に購読できます。