トップ > 成分別 > 霊芝(レイシ)・漢方の効果と効能 免疫力を高める

霊芝(レイシ)・漢方の効果と効能 免疫力を高める

霊芝(レイシ)・漢方の効果と効能

霊芝の効果は免疫力の調整作用。免疫力が下がっている場合には強化し、過剰な場合には緩和します(ガンを始め多くの疾病は免疫力の以上から発生します)。その他にも血糖値の調整作用,血圧降下,血栓を防ぐ,高脂血症やB型肝炎の改善など様々です。霊芝の有効成分は主にβグルカンとトリテルペンです。

霊芝(レイシ)は高湿度の山地の樹木や切り株に自生する、サルノコシカケ科のキノコです。天然の霊芝は外殻が堅く発芽率も低いため大変貴重で、梅などの古木10万本に2~3本しか採れません。漢方薬の中でも貴重なキノコとして考えられ、BC206年~AD8年頃の間に薬草療法に使われたと記録されています。

霊芝は62種類あり代表的かつ食用(薬用)に適している物は、赤霊芝,青霊芝,黄霊芝,黒霊芝,白霊芝,紫霊芝の6種類です。その他にも和名でマンネンダケと呼ばれる「鹿角霊芝」などがあります。

霊芝は漢方薬の中でももっとも貴重といえるキノコで自然界ではめったにみることはできません。そのため霊芝が持つ効果・効能は解明されていませんでした。しかし、1971年に直井幸雄(京都大学)氏が霊芝の人工栽培に成功し量産が可能となり、霊芝が持つ効果・効能が解明されるようになってきました。

霊芝(レイシ)サプリメントの効果的な取り方

霊芝を摂取するには、人工栽培された霊芝から抽出されたサプリメントで摂るのが最も摂取しやすい方法です。その他に、漢方薬として摂取したり飲みやすいドリンク剤からとる方法もあります。

霊芝は細胞壁が大変堅いため、そのまま摂ると吸収率があまりよくありません。出来れば細胞壁を粉砕してある物がよいでしょう。煎じて飲むもののありますが、手間が結構かかりますのであまりお勧めできません。

霊芝(レイシ)サプリメントの種類

原材料となる霊芝に鹿の角ように分岐した「鹿角霊芝」を使った物や相乗効果を高めるため霊芝にプラスして冬虫夏草やアガリスクを配合した物など様々です。霊芝は短期間では効果がありません、長期間とり続けらる商品を選ぶようにしてください。

霊芝(レイシ)の有効成分

レイシの有効成分は、多糖類(βグルカン),トリテルペンです。βグルカンには強い抗ガン作用が確認されています。βグルカンは体内の免疫細胞である、T細胞やマクロファージを活性化させる働きがあります。それにより体内の免疫力が高まり、抗ガン作用を発揮します。

トリテルペンはガノデリックアシドとも呼ばれ、IgE抗体の過剰な放出を抑制します。IgE抗体は過剰に蓄積されると、結果的にヒスタミンの過剰放出につながり、様々なアレルギー反応の原因となります。レイシに含まれるガノデリックアシドにより、アレルギー反応が抑えられ、花粉症アトピー性皮膚炎を始めとする様々なアレルギー疾患に効果があります。

霊芝(レイシ)の科学的データ

中国

1200人のアレルギー患者に霊芝を投与したところ84%が改善。内40%が完治。同じく中国の研究で、霊芝の有効成分がマクロファージとT細胞を活性化し免疫機能を強化することが明らかになった。

1997年日本霊芝国際学会

学会で発表された中国での霊芝の利用効果、ガン免疫調整薬として有効率89%,白血病84.6%,高コレステロール血症86%,膠原病90%,不整脈84.5%,アトピー71.9%などの非常に高い有効率を示している。

中国

慢性気管支炎関連の患者の治療に霊芝を投与。60%から97.7%の快復率を示す。 うち50%は完全に快復し、80%の患者には何らかの効果が見られた。

近畿大学

高血圧および合併症患者81名を対象とした臨床試験で、服用後2週間で血圧降下作用を認め、4週間で明確な作用発現があった。

1995年 Dr.Teow(テオ)

糖尿病患者8人を対象に2ヶ月間オープンラベルによる比較臨床実験を行ったところ、インスリン(100IU/mL×60)による治療や血糖低下試薬(250mg/1日)よりも、霊芝抽出物の方が血糖値を下げる効果があると発表。

日本の医学関連学会での報告

霊芝の抗腫瘍効果,血糖値上昇抑制効果,放線防御効果,抗酸化,メラニン合成阻害効果,マクロファージ活性化,血圧上昇抑制などの効果が視させている。しかし、医学レベルの臨床試験はまだ充分でないという見方も存在している。

霊芝(レイシ)の副作用と安全性

霊芝は漢方薬として長い間利用されてきたキノコです。そのため霊芝の副作用は一般的にはほとんどありません。現在では人工栽培の方法も確立されているので安全性の面から考えて、天然物よりも人工栽培の物が良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
contents

注意事項
当サイトに示したサプリメント・植物などの効果・効能などについては一般的な事項です。 特定の商品の効果効能を表すものではありません。当サイトには多数の情報を掲載しておりますが情報の完全性は保証いたしません。サプリメントラボから得た情報を元にして生じたいかなる被害についても、当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません

当サイトの掲載内容は用途に関係なく、全体または一部分にかかわらず、無断での複製・転用・配布を禁じます。 当サイトの著作物の無断使用を発見した場合ただちに厳正なる方法で法的手続きを行います。 引用する場合は必ず引用したページへのリンクを設置してください。

​ ​