セサミンの効果と効能 活性酸素の除去機能やコレステロール対策、アンチエイジング機能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
sesamin

ゴマに含まれる栄養素の代表格”ゴマリグナン(類)。

この栄養素の仲間である「セサミン」は老化の原因となる活性酸素を除去し若々しさを保つパワーを秘めています。

セサミンとは

「セサミン」の特徴は、活性酸素が多く発生する肝臓で、強力な抗酸化パワーを発揮することです。
肝臓は、アルコール分解機能で有名ですが、代謝,排出,解毒など、人体の臓器の中でも最も多くの機能を持つと言われ、24時間活発に活動しています。それが故に肝臓は活性酸素がたまりやすい臓器であり、活性酸素の過剰な増加による肝臓の機能低下は老化の原因につながるのです。

ゴマとはどんな植物?

ゴマの花そもそも、ゴマはどんな植物なのでしょう。これだけゴマの食文化が根付いていると意外に思えるかもしれませんが、ゴマの原産はインドにあるようです。しかも日本のゴマの99%が輸入に頼っています。

ゴマは、高温,乾燥を好み、やせ地においても育ち、そのような過酷な環境下で生育するゴマだからこそ貴重な成分がひと粒ひと粒に凝縮されているのです。

古代エジプトではクレオパトラが健康飲料としてゴマ油とハチミツをミックスして愛用し古代インド医術アーユルヴェーダでもゴマ油が利用され、中国でも不老長寿の薬として最古の医学書である「神農本草書」に紹介されており、ゴマの薬効は古くから世界的で認められ愛用されています。

必須アミノ酸をバランス良く含むたんぱく質や不飽和脂肪酸を含む万能食品のゴマ必須アミノ酸をバランス良く含むたんぱく質や不飽和脂肪酸を含む栄養豊富なゴマ。ゴマは5000年以上も人類の健康に寄与していたのですね。

ちなみに高い健康機能を持つセサミンの含有量はゴマ全体の0.5%~1.5%と貴重な成分のため海外から大量のゴマを輸入しています。

国産のゴマが少ないのはゴマの形状を見れば一目瞭然ですが、ゴマの粒を落とさないように人的な収穫に頼ることが多く、機械化に十分対応できていないので、選別→洗浄→乾燥が非常に手間がかかることから、現在では熱帯・亜熱帯の開発途上地域が主力供給地となっているのです。

セサミンは、ゴマに含まれる抗酸化物質の一種で肝臓の機能を高めコレステロール値や血圧を正常に保つ働きもあるといわれています。2日酔いや悪酔いの予防をサポートする他、酵素の働きをサポートすることで肝臓への負担を軽減し、ガンの予防にも効果が期待されています。そのほかにも、疲労回復、肌や髪の美容、若返り、便秘などにも効果があるといわれています。

セサミン効果的な取り方

ゴマ油ゴマは皮つきゴマを食しても、ほとんどがそのまま排泄されてしまいます。
ちょっとひと手間をかけて、すりゴマか切りゴマにして調理すれば、より栄養を吸収することができます。
ゴマを絞って作られるゴマ油はさらに栄養が豊富で、セサミンもゴマをそのまま食べるよりもゴマ油のほうが多く含まれており、かつ吸収も良いとされています。

ちなみにセサミンの摂取量の理想と言われているのは5~10mgですがこれはゴマに換算すると、なんと3,000粒です!そのまま食べるにはさすがに無理な量ですし、ゴマ油でも苦しいですね・・・。
セサミンを無理なく摂取するなら、高度に濃縮した抽出技術をもっているメーカーの健康食品が一番お手軽でしょう。

セサミンの副作用と安全性

セサミンの1日の摂取目安量は5-10mgはゴマでいうと3000粒分です。
通常の食品から摂れる天然成分であるため、安全性は高いといわれています。
アルコールの分解を助け、肝臓への負担を軽減することが期待できるセサミンですが、飲み過ぎは体に悪影響を与えてる可能性があります。

セサミンの科学的データ


ヒトにおけるセサミンの血圧低下作用


J Nutr Sci Vitaminol (Tokyo). 2009 Feb;55(1):87-91.
Antihypertensive effects of sesamin in humans.

軽度の高血圧を有する25人の中年に対して年齢と体格を平均化した2つのグループに分け、セサミンとプラセボを摂取する群に分けました。その結果、セサミン摂取群は最大血圧、最低血圧ともに有意に減少しました。一方プラセボ群では有意な変化は認められませんでした。



ヒトにおけるセサミンの高コレステロール血症への効果


Atherosclerosis. 1996 Apr 26;122(1):135-36.
Hypocholesterolemic effect of sesame lignan in humans

高コレステロール血症患者12名をセサミン投与群とプラセボ群に分け、1日9カプセルを4週間、1日18カプセルを4週間続けてもらったのち血液検査を行いました。その結果、総コレステロール値とLDLコレステロール値に改善が見られました。



ヒトにおける「セサミン」の活性酸素除去効果


サントリー健康情報レポートより
セサミン摂取群とプラセボ群に分け、運動後の血中の過酸化脂質濃度を測定しました。その結果、セサミン投与群では脂質の酸化が抑えられたという結果が見られました。特に運動5分後、20分後では有意な差が現れました。



サプリメント

かどや ごまセサミン

かどや ごまセサミン ★オススメ★

通常 4,410円(税込) → 定期初回 3,150円(税込) 送料無料
たった3粒に15mgものセサミンが摂取可能。 ごま油を150年以上作り続けてきたかどやにしかできない独自抽出技術で作られています。



【執筆者】大見 貴秀医師

大見貴秀医師帝京大学医学部卒業。麻酔科標榜医、麻酔科認定医。 日本麻酔科学会、日本抗加齢医学学会(アンチエイジング学会)会員、生活習慣病アドバイザー。

「治療」よりも「予防」を重視して診療にあたる現役医師。麻酔科医として勤務するだけではなく、加齢による身心の衰えや疾患に対するアドバイスを行う。

フォローすると、最新のサプリメント情報を簡単に購読できます。