トップ > 成分別 > 甜茶の効果と効能 花粉症やアレルギー性鼻炎の改善効果

甜茶の効果と効能 花粉症やアレルギー性鼻炎の改善効果

甜茶の効果と効能

甜茶(てんちゃ)には抗アレルギー作用,抗炎症作用があり、花粉症やアレルギー性鼻炎の症状を緩和,軽減する効果があります。その他喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状にも甜茶は効果的です。

甜茶(学名:Rubus suavissimus S.Lee 英名:TIEN CHA)は中国南部で「おめでたいお茶」「幸せを呼ぶお茶」として、5千年前頃から健康茶として飲まれています。一般的に甜茶とは「甘いお茶」の総称で、バラ科キイチゴ属の甜葉懸鈎子(てんようけんこうし),ユキノシタ科の臘蓮繍球(ろうれんしゅうきゅう),アカネ科の牛白藤(ぎゅうはくとう),ブナ科の多穂石柯葉(たすいせきかよう)の4種類が知られています。

それぞれの効果・効能があるとされていますが、アレルギーに効果があるのは甜茶の中でも甜葉懸鈎子だけです。

甜茶が日本で有名になったのは花粉症対策として効果的だという臨床試験の結果が発表されてからです。その後さまざまな研究が行われ甜茶が持つ花粉症やアレルギー性鼻炎,喘息,アトピー性皮膚炎などのアレルギーの予防や症状の緩和に効果があることが実証されています。

甜茶の効果的な飲み方とサプリメント

甜茶エキスを抽出した錠剤,お茶やティーバッグ,甜茶エキスを配合した飴,キャンディーなどが販売されています。

花粉症対策として甜茶を飲む場合は、甜茶の種類を必ず確認してください。アレルギーに効果があるのは甜葉懸鈎子(てんようけんこうし)だけです。

花粉症の予防のためには花粉が飛び始める1ヶ月くらい前から甜茶を飲み始めるのが効果的です。甜茶は症状が出てしまってからでもある程度の効果はありますが、予防的に摂っていた方がはるかに効果が高くなります。甜茶の効果は取り始めてから2週間程度で約50%の人に現れます。

シソエキスにも花粉症の症状を予防・緩和する効果があります。花粉症目的では甜茶とシソエキスが配合されたサプリメントがオススメです。

甜茶の摂取量の目安

甜茶の摂取量の目安は甜茶エキスを1日120mg程度です。お茶として飲む場合は甜茶葉3gを1Lの水で5分ほど煮出したものです。甜茶配合の安価なお菓子やキャンディーなどは甜茶エキスの配合量が少ない商品がけっこうあります。甜茶の効果を期待するためには1日120mg程度摂取できる製品を選んでください。

甜茶の有効成分と効果を発揮する仕組み

甜茶の有効成分はポリフェノールの一種であるGOD(Galloyl Oxygen Diphenyl)です。甜茶エキスに含まれるGODポリフェノールは花粉症やアレルギー性鼻炎などの原因となる過剰なヒスタミンの分泌や炎症に関係するシクロオキシゲナーゼを抑制する働きがあります。

甜茶の科学的データ

日本アレルギー学会(1994年)
対象 アレルギー性鼻炎患者21名
試験方法 甜茶エキスを摂取し経過を観察
投与量 甜茶エキス40mgを含むキャンディーを1日3粒(1日で甜茶エキスを120mg摂取)を4週間
結果 2週間後に65%、4週間後に75%が症状の改善を認めた。
甜茶摂取タイミングに関する試験
対象 スギ花粉症患者43人
試験方法 プラセボを対象とした二重盲検法
グループ1:スギ花粉が飛び出す前に摂取開始
グループ2:スギ花粉飛散後に摂取開始
グループ3:偽薬(プラセボ)
投与量 一日に甜茶エキス195mg,青じそ葉エキス15mg,青じそ種子エキス30mgを花粉が飛び出す1ヶ月程度まえから2ヶ月間摂取。
結果 グループ1では花粉症の症状が軽減し、50%以上でくしゃみ,鼻づまりが軽減~消失しています。 グループ2ではプラセボ群と症状の差がなかった。 甜茶などの効果を得るためには花粉飛散前に取り出すことが有効である
スギ花粉症に対する試験
対象 スギ花粉症患者15名
投与量 1日に甜茶エキス65mgを含むキャンディーを3粒。45日間摂取
結果 鼻水やくしゃみ,鼻づまり,目の痒みなどが改善している。

甜茶の副作用と安全性

甜茶の副作用は現在のところ知られていません。長い間健康茶として摂られている成分なので安全性は高いと考えられています。医薬品との相互作用も現在の所ありません。

甜茶関連サプリメント

健康家族 粒甜茶エキス

花粉に効果がある唯一の甜茶「甜葉懸鈎子(テンヨウケンコウシ)」から作られたサプリメントです。甜葉懸鈎子のサプリメントて探すとなかなか見つからないんですよね。サプリメントなのでお茶のようにたくさん飲む必要も無く手軽に取れるのがオススメ。子供からお年寄りまでOKです。3粒で甜茶エキスが300mgも配合されています。
2,419円(約30日分)



contents

注意事項
当サイトに示したサプリメント・植物などの効果・効能などについては一般的な事項です。 特定の商品の効果効能を表すものではありません。当サイトには多数の情報を掲載しておりますが情報の完全性は保証いたしません。サプリメントラボから得た情報を元にして生じたいかなる被害についても、当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません

当サイトの掲載内容は用途に関係なく、全体または一部分にかかわらず、無断での複製・転用・配布を禁じます。 当サイトの著作物の無断使用を発見した場合ただちに厳正なる方法で法的手続きを行います。 引用する場合は必ず引用したページへのリンクを設置してください。

​ ​