冬虫夏草の効果と効能 精力アップ・疲労回復・ぜんそくや耳鳴りの改善効果も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
toutyu

冬虫夏草は、漢方薬として不老長寿、精力源として珍重されてきました。昆虫等の体に寄生して育つキノコの仲間で、冬に土中で虫の幼虫等に寄生しその栄責分を摂取して育ちます。夏になると発芽し棒状のキノコが地に生えてくる事から冬虫夏草と名付けられました。世界で350種位のものが冬虫夏草として知られていますが、本当に効果のあるものは、この中のほんの一部の限られた種類だけです。

数ある冬虫夏草の中でも最も効果があるといわれているのが、コウモリガの幼虫に寄生するコルディセプス・シナンシスです。コルディセプス・シナンシスはチベットの標高3000m以上の高山にしか生育出来ず、積雪が残る5~6月に雪をかき分け地面をはうようにし、地上に出ているわずか数ミリ~数センチのものを見つけ採取します。

冬虫夏草は清の時代に書かれた「本草従新」で初めて文献に記載されました。採取量が非常に少ないため、皇帝の専用品とされ中国以外の国にはほとんど知らせられないままでした。現在でもコルデセプス・シナンシスは「幻の聖草」といわれ、その希少価値から中国では海外への輸出は厳しく制限されています。

冬虫夏草にはさまざまな効果・効能があり、スタミナ不足や過労,耳鳴り,喘息,精力減退,生活習慣病,運動能力低下,アトピー性皮膚炎,糖尿病などに効果があります。抗ガン(肺ガン)効果も期待されています。

【参考ページ】
アルギニンの効果と効能 成長促進・免疫力向上・疲労回復・性機能改善
高麗人参(朝鮮人参)の効果と効能 滋養強壮・疲労回復・新陳代謝改善・ED・糖尿病の改善など

冬虫夏草サプリメントの効果的な取り方

天然の冬虫夏草は安全性,有効成分の均一性で疑問が残ります。またその価格も1kg数十万円と大変高価です。冬虫夏草には300-400もの種類があります。その中で効果を期待するのであれば、コウモリガの冬虫夏草(コルディセプス・シネンシス)から人工培養されたサプリメントでとるのが最も効果があり、安全性が高いです。

冬虫夏草は継続してとることで肝臓の中にエネルギーが蓄えられ精力ます。1ヶ月間は継続して飲んだ方が良いでしょう。

冬虫夏草サプリメントの種類

冬虫夏草のサプリメントには純粋に冬虫夏草だけを配合した物から、精力剤としてマカ高麗人参、毛細血管の血行を良くするイチョウ葉などを配合したタイプまで様々。計上もカプセルになっているサプリタイプやドリンクタイプまで。また冬虫夏草そのものを煎じて飲む方法もあります。ただし天然の冬虫夏草は安全性の面で少々疑問は残ります。

冬虫夏草のサプリメントで効果・安全面・価格など総合的に判断してオススメできるのがサントリーのマカ冬虫夏草配合です。詳しくは徹底レビューをご覧下さい。

サントリーのマカ冬虫夏草配合徹底レビュー

冬虫夏草の有効成分

冬虫夏草には肝臓に蓄えられるATP分子を増やす効果があることが確認されています。エネルギー発生の仕組みは、アデノシンがアデノシンリン酸(AMP)→アデノシン二リン酸(ADP)→アデノシン三リン酸(ATP)と変化ATP分子が肝臓中に蓄えられます。冬虫夏草は肝臓に蓄えられるATPを30%増やすことが確認されています。

また活性酸素を中和し免疫力を高めるβグルカンが、アガリスク茸の17倍、通常のキノコの約170倍と多量に含まれています。βグルカンの効果には抗ガン作用などがあります。その他ビタミンミネラル,18種類のアミノ酸などを含みます。

冬虫夏草の科学的データ

冬虫夏草の研究のほとんどは中国で行われています。以下に示した表は、中国医学書「中薬現代研究と臨床応用」で発表された臨床実験の結果です。その効果・効能は「不老長寿の薬」という言葉に値する驚くべきものです。

病状 飲用数 飲用日数 効果 備考
性機能低下 159 40日 64.10% 常用時に有効
心臓病(冠状) 33 4週間 90.50%
不整脈 277 2週間 74.40% 特効性あり
高血圧症 273 1~2ヶ月 76.20%
肺病 30 2ヶ月 80.00%
B型肝炎 33 2ヶ月 78.56% 免疫球タンパク強化
肝硬変 22 3ヶ月 68.00% 腹水患者に特効性あり
悪性腫瘍 30 2ヶ月 93.00% 細胞免疫機能強化
アトピー性皮膚炎 38 2ヶ月 89.60%
気管支炎(喘息) 41 3ヶ月 94.20%
糖尿病 29 1~2ヶ月 86.90%
リューマチ 3 12ヶ月 82.00%
血小板減少 30 1~2ヶ月 89.80%
白血病 35 1~2ヶ月 85.70% 白血球、血紅タンパク強化
鼻炎 43 1ヶ月 93.00%
耳鳴り 23 4週間 90.00% 急性患者にも有効

1998年 Dr.Zhu(ツュー)/1995年 Dr.Zhang(ツァン)の発表

研究老衰症状を持った60歳~84歳の59人を対象にした臨床実験で冬虫夏草とプラセボ(偽薬)を使ったダブルブラインドテストを行った。冬虫夏草を1日3gを3ヶ月間投与したところ92%の患者の疲労を緩和した。多くの患者は、冬虫夏草を投与されなかったグループに比べ、精力減退(14%),記憶喪失(26%),めまい(83%),耳鳴り(79%),風邪に対する抵抗力の低下(89%),夜間頻尿(59%)の改善が見られた

中国 「Institute of Materia Medica」

性的衝動が減少してしまった高齢の患者を対象に行われたダブルブラインド方式の臨床実験。40日間159人に冬虫夏草菌糸を1日3g投与した結果、65.3%の患者が主観的な改善を報告している。一方プラセボ(偽薬)を与えらた患者は24%にとどまった。

1995年 Dr.Han(ハン)

100人の呼吸障害患者(内75%は心臓病と肺気腫の合併症)に対し3ヶ月間冬虫夏草を投与した。結果、冬虫夏草によって77.78%~92%の改善が見られた。92%は食欲が増し、風邪を引く回数が減り、咳やタンの改善が見られ活力が増した。

1995年 Dr.Qu(クー)

無作為抽出の臨床実験によると、45人の呼吸障害を持った患者に冬虫夏草333mgを1日5回、1ヶ月間投与したところ、抗酸化物質のSODが35.7%増加した。

冬虫夏草の副作用と安全性

冬虫夏草は無毒性で、一般的に量を多くとりすぎても、ほとんどありません。ごく少数報告されている冬虫夏草の副作用は、胃腸上部の不快感,吐き気,口の渇きなどです。天然の冬虫夏草は細菌に汚染されている可能性があります。台湾では天然の冬虫夏草が原因となった鉛中毒が2件報告されています。

フォローすると、最新のサプリメント情報を簡単に購読できます。