敏感肌でも肌荒れしにくい化粧品には共通点があった。おすすめの成分、NGな成分の見方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

敏感って?気になる敏感肌の基本

敏感肌肌が敏感で困っている、という人の声をよく聞きます。しかし敏感肌がどのようなものかを知っている人は少ないのではないでしょうか?敏感肌とはどんな症状でどんな対策があるのかを解説します。

敏感肌って?敏感肌セルフチェック

敏感肌とは医学的な病気ではありません。その名の通り、刺激に対して肌が弱いことを指します。体質的に肌が弱い人もいれば、生活習慣の乱れにより肌の健康が損なわれ敏感肌が発生する人もいます。

肌質に合わない化粧品や短時間の紫外線への露出、石鹸、ボディーソープ、衣服に残留している洗剤などにより肌が刺激されて各種症状が表れます。以下のような症状が表れる人は実は敏感肌かもしれません。

  • 化粧をすると肌が赤くなったりかぶれたりする
  • 化粧をするとかゆくなる
  • 少しの日光で肌が赤くなる
  • 汗で肌がかゆくなったりあかくなったりする
  • 肌が乾燥しがちである
  • 肌が乾燥するとかゆみや痛みが発生する
  • 生理前後で肌荒れが発生する(PMS:月経前症候群
  • ストレスが多い
  • 睡眠不足である
  • 食生活が乱れている
  • 便秘がちである
  • 空調の効いている場所にいることが多い
  • 喫煙習慣がある

これらの理由と敏感肌の原因を解説していきます。

敏感肌の発生する主な原因は?

肌の断面図肌には細菌やウイルス、異物、紫外線などの外敵から身を守るバリア機能が存在します。敏感肌はこのバリア機能が損なわれることで肌が刺激に対して弱くなり、各種症状が発生すると考えられています。

皮膚のバリア機能を担っているのが表皮の一番外側にある角質層です。角質層は皮脂や天然保湿成分(NMF)、セラミド、角質脂肪肝脂質といった成分により水分を保湿する働きをします。

しかし何らかの理由によりこれらの成分に乱れが生じると水分が失われ、肌のバリア機能が弱まってしまいます。肌のバリア機能が弱まる原因には以下のようなものがあります。

乾燥

エアコンによる乾燥乾燥は季節を問わず発生します。冬場は湿度が低く、空気が乾燥しているため角質層からどんどん水分が逃げてしまいます。また湿度が高い夏場であってもエアコンにより室内の空気は乾燥して角質層からどんどん水分が逃げてしまいます。

間違ったスキンケア

肌を十分に保湿してなかったり、UVケアを行っていなかったり、肌質に合わない化粧品を使うことで表皮がダメージを受け、角質層が壊れやすくなります。肌の質は個々人によって差があるため、自分に合ったスキンケアを行わないと敏感肌になりやすくなります。

加齢

肌のエイジング加齢により身体能力が衰えていくように肌の細胞もその機能が衰えていきます。肌のターンオーバーも遅くなり、シミができやすくなったり人間が自分で分泌する保湿成分の量も少なくなったりします。

ストレス

人間はストレスを感じると交感神経が刺激されます。交感神経が刺激されることで血管の収縮を招き、手足などの体の末端部への血流量が減少します。そうなると十分に栄養素や酸素が送られなくなり、肌の健康を損ねてしまいます。

食生活の乱れ

肌は皮脂を分泌したり、細胞分裂により皮膚のターンオーバーを促したりすることでその健康を保っています。しかし食生活が乱れることで十分に皮脂が分泌されなかったり逆に多すぎたり、細胞分裂に必要なタンパク質が不足したりすることで敏感肌を招きやすくなります。

体質、肌質

人間の体質や肌質は人それぞれです。アレルギーの有無や合う化粧品、合わない化粧品、脂性肌、乾燥肌など各条件が異なっています。体質や肌質によって敏感肌が表れる可能性もあります。

敏感肌の症状とは?

敏感肌の症状は様々です。一概には言えませんが、敏感肌に悩んでいる人には以下のような症状が表れることが多いようです。

肌の赤み
肌のピリピリ感
肌が沁みる
肌がかゆい
肌が乾燥しやすい
ニキビができやすい
湿疹がよく出る

これらの症状が現れるのは化粧品を使った時や紫外線を浴びた時、物理的刺激(衣擦れなど)に晒された時が多いようです。なんらかの刺激によってこれらの症状が現れることが特徴です。

男性でも敏感肌の人はいる?

男性の敏感肌敏感肌は肌のバリア機能が低下することにより外部からの刺激に弱くなることで発生します。敏感肌自体は性別による違いはなく、女性にも男性にも発生します。

男性の肌の場合は、男性ホルモンが多く分泌されるため皮脂の分泌量も多いという特徴があります。基本的には皮脂が多い方が乾燥しづらいため、男性の方が敏感肌になりにくい傾向にありますが、それでも注意は必要です。

男性の場合、

  • そもそもスキンケアをする人が少ない
  • カミソリ、髭剃りにより肌に刺激が加わる

という理由により肌の乾燥を引き起こす可能性があります。敏感肌の原因は特に乾燥によるものが多いため男性も女性も肌の保湿をしっかりとすることが重要です。

▶関連ページ:男性の抜け毛・薄毛の原因とは?予防・対策に有効なシャンプー・サプリ

敏感肌の予防策・改善策

敏感肌は適切にケアをすることによってその症状を軽減させることが可能です。敏感肌の症状を軽減させるために、以下のような対策を試してみましょう。

食事、栄養成分による対策

敏感肌は肌のバリア機能が低下するために発生します。健康な肌を保つために肌のターンオーバーに関わる栄養素を意識して摂取しましょう。

亜鉛

亜鉛を豊富に含むカキ亜鉛は人体に必要な必須ミネラルの一つです。主に体内の代謝を促進させる酵素の構成成分として使われます。亜鉛は代謝反応に関わりタンパク質やDNAの合成をするために働きます。皮膚はタンパク質であるため、十分に亜鉛を摂取していないと細胞分裂が行われず肌の健康が損なわれます。

<亜鉛の1日の必要量> (単位:mg)

  男性 女性
  必要量 推奨量 耐用上限量 必要量 推奨量 耐用上限量
12-14(歳) 8 9 7 8
15-17(歳) 9 10 6 8
18-29(歳) 8 10 40 6 8 35
30-49(歳) 8 10 45 6 8 35
50-69(歳) 8 10 45 6 8 35
70以上(歳) 8 9 40 6 7 35

亜鉛は不足しやすいミネラルなので意識して摂取することが重要です。また、亜鉛の1日当たりの推奨量と1日に最大で摂取していい耐用上限量には差があるため、少し多めに摂取してもいいかもしれません。妊婦の人はこの表の推奨量に+2g、授乳中の人は+3gが目安になります。亜鉛が多く含まれている食品には以下のようなものがあります。

<亜鉛の多い食品>

牡蠣 大きめ3-4個65g 約8mg
タラバガニ 足1本100g 4.2mg
豚レバー カット5-6枚100g 6.9mg
牛肉 シチュー用肉5-6個100g 4.6mg
ビーフジャーキー 半袋50g 4.4mg
チーズ スライスチーズ5枚100g 3.2mg
油揚げ 2枚100g 2.4mg
納豆 半パック50g 1.9mg
豆腐 1丁300g 1.8mg

亜鉛が多い食品の代表は牡蠣になります。1日に大き目3-4個ほどで成人男性の必要量を満たすことができます。またレバーや牛肉などの肉類にも多く含まれています。基本的には動物性食品に多く含まれているミネラルであるため、カロリーやコレステロールが気になる場合はサプリメントとして摂取するのもよいでしょう。

ビタミンA

ビタミンAを豊富に含むモロヘイヤビタミンAは皮膚や喉、口腔といった粘膜や目の健康を保つためのビタミンです。必須ビタミンの一つで脂溶性ビタミンといって油に溶ける性質を持つビタミンでもあります。皮膚の健康を保つために必要不可欠ですが、脂溶性ビタミンであるため摂取過剰が続くと人間に対して毒性を発揮することもあります。
主に緑黄色野菜に含まれるβカロテンはビタミンAの前駆体(体内でビタミンAに代わる物質)です。βカロテンは小腸で必要な分だけビタミンAへと変化し、余剰分は皮膚や脂肪組織に蓄積されるため害になりません。そのため、ビタミンAの過剰症が心配な場合はβカロテンとして摂取することがおすすめです。

<ビタミンAの一日の必要量> (単位:μgRAE)

  男性 女性
  推定平均必要量 推奨量 耐用上限量 推定平均必要量 推奨量 耐用上限量
12-14(歳) 550 800 2100 500 700 2100
15-17(歳) 650 900 2600 500 650 2600
18-29(歳) 600 850 2700 450 650 2700
30-49(歳) 650 900 2700 500 700 2700
50-69(歳) 600 850 2700 500 700 2700
70以上(歳) 550 800 2700 450 650 2700

バランスのよい食生活を送っていればビタミンAが不足することはほぼありません。前述の通り、過剰症が心配な場合はβカロテンとして摂取するとよいでしょう。ビタミンA、βカロテンが多い食品には以下のようなものがあります。

<ビタミンAの多い食品一覧>

モロヘイヤ50g 半袋 420μgRE
人参50g 1/2本 380μgRE
ほうれん草100g 半束 300μgRE
豚レバー10g 一切れ 1300μgRE
うなぎかば焼き120g 一人前 1800μgRE
アンコウの肝50g 4150μgRE

ビタミンAは牛やアンコウなどの動物の肝臓に豊富に含まれています。また体内でビタミンAに変換されるβカロテンは色の濃い緑黄色野菜に豊富に含まれています。緑黄色野菜であれば100gほど食べることで1日の必要量の40-70%ほどを摂取することができます。ビタミンAを摂取したい時は野菜を多く食べることを意識するとよいでしょう。

ビタミンC

ビタミンCを豊富に含むパプリカビタミンCは必須ビタミンの一種で強い抗酸化力を持つことが特徴です。そのほか、体内でコラーゲンを合成するときにも必要になるため健康な肌を作るためには必要不可欠な栄養素です。ビタミンCは水溶性ビタミンという水に溶ける性質を持つビタミンです。過剰に摂取しても尿として排出されるため健康を害することがありません。ストレスや疲労、煙草の煙を吸った時などにも体内で消費されるため、常に多めを意識して摂取するとよいでしょう。ビタミンCの一日の必要量は以下になります。

<ビタミンCの一日の必要量> (単位:mg)

  男性 女性
  推定平均

必要量

推奨量 推定平均

必要量

推奨量
12-14(歳) 80 95 80 95
15-17(歳) 85 100 85 100
18-29(歳) 85 100 85 100
30-49(歳) 85 100 85 100
50-69(歳) 85 100 85 100
70以上(歳) 85 100 85 100

この表から妊婦の方は+10、授乳婦の人は+40-45を目安として摂取量を増やすとよいでしょう。ビタミンCは野菜や果物に多く含まれます。またペットボトルのお茶飲料などにも添加されています。

<ビタミンCの多い食品一覧>

赤ピーマン 半分75g 115mg
緑ピーマン 1個35g 23mg
ミニトマト 1個15g 5mg
キャベツ 外側の葉

1枚50g

21mg
カイワレ大根 1パック50g 24mg
いちご 1個25g 16mg
グレープフルーツ 半分140g 50mg
キウイ 1個100g 59mg
ペットボトルのお茶 1本500ml 80mg

ビタミンCは植物性食品に多く含まれています。特に色の濃い赤ピーマンやトマト、イチゴなどに多く含まれているので、摂取したい時は旬の鮮やかな野菜・果物を食べるとよいでしょう。またペットボトルのお茶もお手軽なビタミンCの供給源です。

亜鉛、ビタミンA、ビタミンCは健康な肌を維持するための基本です。年齢や肌質に関わらず、毎日十分に摂取するようにしましょう。

正しいスキンケア製品の選び方

敏感肌の人のお肌は刺激に弱いため、しっかりと適切なスキンケア製品を選ぶことが重要です。正しいスキンケア製品の選び方のポイントは以下になります。

洗顔剤

石鹸敏感肌は乾燥が大きな原因の一つになります。顔の皮脂は一見、要らないもののように見えますが実は肌を保湿してくれる重要なもの。そのため洗浄力の強すぎる洗顔剤をしようすると皮脂が落ちすぎてしまうこともあります。

一般的に発売されている洗顔フォームは洗浄力が強い傾向にあるため、敏感肌の人が使用してしまうと皮脂が落ちすぎて、敏感肌の症状を悪化させてしまう可能性があります。洗顔フォームには界面活性剤と呼ばれる成分が含まれています。本来は混ざらない水と油を混ざるようにする成分で、皮脂を落とす作用がとても強くなっています。

敏感肌の人の場合は洗顔剤として洗顔石鹸をしようするとよいでしょう。石鹸は油を原料にして作られるため、皮脂を落としすぎず適度に洗浄することが可能です。同時にヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が含まれているものを利用するとなおよいでしょう。

洗顔をする時は以下のポイントに気を付けましょう。

あまり肌に刺激を与えない
肌への物理的な刺激は敏感肌を悪化させてしまう可能性があります。なるべく洗顔剤を泡立てるようにして刺激の少ない状態で洗うようにしましょう。石鹸はなかなか泡立たないですが、できる限り泡立てるようにしましょう。

洗う時間は最小限に
なるべく洗顔をする際は洗っている時間を少なくするようにしましょう。肌への物理的な刺激を少なくすることはもちろんのこと、皮脂を必要以上に落とさないために重要です。

洗う時はぬるま湯で
肌を洗う時はぬるま湯がベストです。熱いお湯は皮脂を必要以上に落としてしまう作用があり、冷たい水による急激な温度変化は皮膚にダメージを与えます。35-38度程度のぬるいお湯で洗顔するようにしましょう。

化粧水、保湿剤

化粧水化粧水を選ぶ時のポイントはしっかりと保湿をしてくれる保湿成分が含まれているものを選ぶようにしましょう。もちろん肌に対して刺激が少ない無添加のものや天然成分が含まれているもののほうがよいでしょう。代表的な保湿成分には以下のようなものがあります。

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • セラミド
  • アミノ酸
  • 天然保湿成分(NMF)
  • 尿素

など。化粧品には成分表示が義務付けられています。ラベルの表示をしっかり確認するようにしましょう。

ワセリンまた化粧水だけではなく、皮膚を保護・保湿するために保湿剤(保湿外用薬)を利用するのも有効です。代表的な保湿外用薬にはワセリンがあります。ワセリンはほとんど肌に対する刺激がないため、敏感肌の人も安心して利用することができます。ワセリンには種類があります。

  • 黄色ワセリン
  • 白色ワセリン
  • プロペト
  • サンホワイト

基本的に上から下にいくほど肌に対する刺激が少なくなります。敏感肌に悩んでいる人はプロペトやサンホワイトを使用するとよいでしょう。ワセリンは肌の水分を逃がさない作用があるため、入浴後に塗るのがおすすめです。

bulb敏感肌のためにつくられた化粧品
ディセンシア アヤナス

ディセンシア アヤナス

トライアルセット 1,480円(税込)(約10日分)
ポーラオルビスグループの敏感肌専門ブランドの化粧品です。肌に刺激になるものは入れないというこだわり。保湿力も高いので敏感で乾燥に悩む方にもオススメです。

美白化粧品

日焼け止め敏感肌の人が美白化粧品を使用する場合は低刺激タイプを選ぶようにしましょう。美白化粧品を使用する際にも重要になるのが皮膚の水分量です。皮膚の水分が飛べば飛ぶほど肌のバリア機能が損なわれて敏感肌の症状である赤みやかゆみが発生します。

美白化粧品を選ぶポイントは以下になります。

美白有効成分が含まれている
美白有効成分は厚生労働省に認可された美白に対して効果がある成分です。アルブチンやビタミンC、コウジ酸などの成分が該当します。

酸化を抑える植物エキスが含まれている
体内で活性酸素が発生するとお肌の細胞に攻撃をしてシミの原因となってしまいます。酸化を防ぐ抗酸化作用を持つ植物エキスを含む製品を選ぶようにしましょう。植物エキスには以下のようなものがあります。

  • コウキエキス
  • ムラサキシキブエキス
  • アルニカエキス
  • カミツレエキス
  • ビワ葉エキス
  • 茶葉エキス

など

もちろん、敏感肌の人は日光による刺激にも弱いため日常生活の中でのUVケアを行うことも重要です。

日焼け止めを選ぶ際のポイントは紫外線散乱剤を使われたものを選ぶことです。日焼け止めは紫外線吸収剤を使っているものと紫外線散乱剤を使っているものが存在します。紫外線吸収剤はその名の通り、皮膚に塗った日焼け止めが紫外線を吸収することでUVによる害を防ぎます。しかし、化学成分が使用されているため比較的肌への刺激が大きいという特徴があります。

紫外線散乱剤は主に酸化チタンや酸化亜鉛などを使用して紫外線を反射させて害を防ぎます。化学成分が使用されていないため肌への刺激が少ないという特徴があります。日焼け止めを選ぶ際は紫外線散乱剤を使っているものを選びましょう。

保湿成分も同時に含まれていればなおよいでしょう。

念のためこんな成分が含まれているものは避けましょう

敏感肌の人にとって肌への刺激は大きな問題です。以下のような成分が含まれている化粧品や洗顔剤は念のため避けたほうがよいでしょう。

合成界面活性剤

合成界面活性剤は石油から合成される界面活性剤です。界面活性剤は皮脂を落とすためにある程度は必要な成分ですが、その働きが大きすぎると必要以上に皮脂を落としてしまい保湿機能を損ねてしまいます。合成界面活性剤は非常に種類が多く何百種類も存在するため、成分名で判別することが難しいです。

下調べをして買おうとしている製品に合成界面活性剤が含まれているかどうかを確認しましょう。メーカーに直接問い合わせるのもよいでしょう。

着色料

赤色○号、青色○号などの表記があるものはタール色素と呼ばれる成分です。色鮮やかで安価であるため配合されやすい成分ですが、毒性が存在します。敏感肌の人は気を付けるようにしましょう。

敏感肌のよくあるQ&A

アトピーで、敏感肌でもあります。アトピー肌向けの化粧品選びで特に気をつけなければならないのはどんな点ですか?

アトピーでかつ敏感肌であると非常に肌が乾燥しやすい状態にあると考えられます。そのため最も気を付けたい点は保湿です。保湿成分の含まれている化粧品を選ぶとよいでしょう。低刺激なものを選ぶとなおよいでしょう。またワセリンを塗るのもおすすめです。肌から水分が逃げるのを防いでくれる作用があります。
▶アトピーを治す方法の最前線~食事・薬・サプリメントで完治を目指す

美白がしたくてビタミンC誘導体入りの美容液を使ったところ、赤みとピリピリ感がありました。使用をやめた方がいいですか?

赤みとピリピリ感が出ている場合、肌質にあっていなくアレルギーのような症状が発生していると考えられます。念のため使用は控えるようにしましょう。どうしても使いたい場合は皮膚科医に相談の上、継続するかどうかを決めましょう。
シミを消す方法~効果のある美白化粧品・サプリメントで予防・対策

メイクした状態で外に長時間いると、チークやアイシャドウなど色味のあるメイクをした部分がかぶれてしまいます。原因は何でしょうか?どのような化粧品を選べばこのような状態を防げますか?

目の周辺は皮膚が薄いため肌も刺激に対して弱くなっています。本来ならばあまりチークやアイシャドウをしないほうがいい部位です。どうしてもそれらのメイクをしたい場合は刺激の少ない天然系色素を使用したっものを選ぶとよいでしょう。反対に赤色○号、青色○号と書かれている成分が入っている場合は刺激が強いため使用を止めましょう。

季節の変わり目に肌が敏感になって、今まで普通に使えていたもので肌荒れしてしまいます。原因と対策を教えてください。

おそらく夏から秋、秋から冬のように空気中の湿度が少なくなる季節の変化により肌が敏感になっているのだと考えられます。保湿して肌の水分量を維持することから始めましょう。化粧品を変えることに抵抗がなければ保湿作用の強いものを使うのもおすすめです。

敏感肌を根本的に治す方法はありますか?

敏感肌は体質に関わるものなので根本的に治すのは難しいでしょう。日頃のケアを大切にして根気よく付き合っていくことが重要です。

敏感肌のまとめ

敏感肌の対策に重要なことは乾燥を防ぐことです。冬場はもちろん、エアコンにより室内の空気が乾燥しがちな夏場もしっかりと保湿するようにしましょう。化粧品は刺激の少ないタイプのものを選ぶことも重要です。根本的に治すことは難しいですが、しっかりと日頃のケアを行えば症状を軽減させることが可能です。

敏感肌が気になったら試したい化粧品
bulb繊細な肌の女性のためのスキンケア
ディセンシア アヤナス

ディセンシア アヤナス

トライアルセット 1,480円(税込)(約10日分) 
★ベストコスメ受賞のプレミアムスキンケア★
ポーラオルビスグループの敏感肌・乾燥肌専門のブランドです。敏感肌を救う特許技術で作られている肌に優しい化粧品。30日間返品保証付き。



【執筆者】大見 貴秀医師

大見貴秀医師帝京大学医学部卒業。麻酔科標榜医、麻酔科認定医、サプリメントアドバイザー。 日本麻酔科学会、日本抗加齢医学学会(アンチエイジング学会)会員。

「治療」よりも「予防」を重視して診療にあたる現役医師。麻酔科医として勤務するだけではなく、加齢による身心の衰えや疾患に対するアドバイスを行う。

フォローすると、最新のサプリメント情報を簡単に購読できます。