風邪の予防と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
purpose06

風邪とは医学的には「風邪症候群」と言われ、呼吸器系の急性炎症の総称です。風邪を引くと鼻やのど,口内,気管支などに炎症が起き、鼻水が出る、発熱、のどの腫れ、頭痛、咳、くしゃみなどの症状がでます。風邪の原因は、ほとんどがウィルスで200種類以上が確認されています。

一部のウィルスを除き、ウィルス自体を殺す薬や治療方法はありません。そのため、風邪を引いて病院へ行っても、高熱なら解熱剤,咳がひどければ咳止めと対処療法のみとなります。風邪を根本的に治療するのは、人間の体に備わっている免疫システム以外にありません。

風邪ウィルスが細胞内に侵入すると、感染した細胞がウィルスの増殖を抑えるインターフェロンを生成します。続いてナチュラルキラー細胞とマクロファージが感染した細胞を排除します(発熱の原因)。次に、ヘルパーT細胞がキラーT細胞を活性化、それとほぼ同時にB細胞が抗体を作り出し風邪ウィルスに対して総攻撃をかけます。

風邪を引きやすい人と、ひきにくい人との一番の違いは免疫力の違いです。免疫力が高い人は、風邪ウィルスが侵入してもすぐに免疫によってウィルスを殺してしまうのに対し、免疫力が弱い人はウィルスの侵入,増殖を許してしまうためです。風邪を予防,ひきにくくするためには免疫力を強化する以外にありません。予防目的で風邪薬を飲むのはまったく意味がありません。

風邪予防に有効なサプリメントや漢方

風邪を引きやすい方には

  1. エキナセア:ウィルスに対する体の免疫力強化する効果が大変高いハーブ
  2. ビタミンC:ウィルスを攻撃するインターフェロンの生産を促す
  3. ビタミンA:のどや鼻の粘膜を強化する
  4. 高麗人参:免疫を活性化し風邪に対する予防力をつける
  5. プロポリス:強力な殺菌効果で風邪を予防
  6. 乳酸菌:腸内環境を整え免疫力をアップする

などの栄養素が有効です

風邪に有効な栄養成分の科学的データ

エキナセア

1992年ドイツで行われた臨床試験。13歳~80歳までの風邪,インフルエンザによく感染する人108名(前年の冬に最低3回風邪に関連した感染症に感染)を対象に行われたエキナセアの研究では、風邪を引く回数が36%減少し、風邪とインフルエンザの治りを早め、激しい症状が緩和されたとしている。

この研究では、半数の人にエキナセア、残り半数の人にプラシーボ(偽薬)を8週間摂取してもらった。その結果エキナセアを摂った人たちは風邪を引く回数が36%減少し、風邪の症状も軽くすんだ。


この研究ではエキナセアは、風邪を予防し,治りを早めると結論している。エキナセアの恩恵を一番受けるのは、風邪を引きやすく、感染と戦うT細胞の血中レベルが低く、免疫システムが弱体化している人であるとしている。

エキナセアサプリで品質がよく信頼できるサプリは!?
エキナセアで一番信頼できるのがヘルシーワンのサプリメントです。エキナセアがきちんと規格化されているので非常に信頼できます。ドラックストアーやコンビニでは入手できないので通販での購入が便利です。

ビタミンC,ビタミンC

ビタミンCはウィルスの核酸を破壊しウィルスを殺すインターフェロンの生産を促し免疫力を高める働きがあります。風邪予防のためには一日に2,000~3,000mgを目安に摂取します。水溶性のビタミンのため摂取後3時間ほどで体外に排出されてしまうので、一日数回の分けて摂るようにした方がよいでしょう。ビタミンAはのどや鼻の粘膜を丈夫にし、免疫力を高める働きがあります。

ビタミンC,Aがきちんと働くためには、その他のビタミンやミネラルが必要になります。単体ではなくマルチビタミン・マルチミネラルで摂取する方が良いでしょう。その上でビタミンCを強化するために、ビタミンCを摂る方が良いです。

高麗人参

高麗人参を使って風邪およびインフルエンザの罹患率を調べた臨床試験では、高麗人参エキスを1日100mgを12週間摂取した結果、偽薬を摂取したグループと比べて有意に罹患率が低下しています。また免疫力を高めるNK細胞活性は高麗人参を摂取すると約2倍にまで高まっています。

プロポリス

プロポリスには強力な殺菌効果があります。プロポリスをスプレーで喉に噴霧し風邪を引いてから回復するまでの期間を検証した試験では、プロポリスを喉に噴霧すると風邪からの回復が約40%早まるという結果が出ています。

マヌカハニー

マヌカハニーには殺菌作用があるので、風邪の予防やのどの痛みを感じたときに食べると効果的です。

フォローすると、最新のサプリメント情報を簡単に購読できます。