歯の黄ばみを落とす方法のすべて。歯科でのホワイトニングから自宅用ホワイトニング剤まで解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

歯の着色の原因は?なぜ黄ばんでしまうのか

真っ白い歯真っ白い歯は印象がよいものです。

反対に歯に黄ばみがあるとどうしても目立ってしまうもの。

なぜ歯に黄ばみが生じてしまうのでしょうか?

歯の黄ばみの原因やケアの仕方、医療機関での治療について解説します。

どうして歯は黄ばんでいってしまうのか?

入れ歯子どものころの乳歯から永久歯に生え変わると、歯は再生しません。

そのため、加齢に応じてある程度歯に着色をはじめとする劣化が生じるのは避けられないことです。

歯は柔らかい「象牙質」の上に、硬い「エナメル質」が覆う構造をしています。

そのほか神経や血管が通っている「歯髄(しずい)」、歯の根元部分を覆っている「セメント質」などで構成されています。

歯の着色や黄ばみにかかわるのは歯の根幹である「象牙質」と、歯の表面である「エナメル質」です。

エナメル質は半透明の物質で、下にある象牙質の色が浮き出て歯の色となります。

象牙質は基本的に乳白色をしていますが、個人差によってより白っぽかったり黄色っぽかったりもすることがあります。

象牙質の色は加齢とともに白から黄色っぽくなっていく傾向にあります

歯の着色や黄ばみの原因の一つに、この象牙質の本来の色というものがあるでしょう。

また歯は生活習慣によっても黄色くなっていきます。

ワインワインやチョコレートに含まれるアントシアニンなどの色素やコーヒーや紅茶に含まれるタンニン、カテキン、カレーに含まれるクルクミンなどの成分が黄ばみの原因となります。

エナメル質はベリクルというタンパク質で覆われています。

先に述べた黄ばみの原因となる物質がベリクルと結びつくことで、色素沈着を引き起こして歯の黄ばみの原因となります

たばこのヤニも歯を着色してしまう原因の一つです。

これらの食品や飲料、たばこがベリクルと結びついて歯が着色してしまうことを「ステイン」と呼びます。

そのほか、虫歯の原因となるミュータンス菌の作り出す酸も歯の黄ばみの原因となってしまいます。

砂糖白米や小麦、うどん、砂糖などに含まれる糖は、ミュータンス菌のエネルギー源となります。

ミュータンス菌は糖をエネルギー源として増殖を繰り返していきますが、その際に代謝物として酸を生産します。

酸はエナメル質に含まれるカルシウムなどのミネラル分を溶かしてしまう働きがあります。

溶けたミネラル分は唾液の働きにより再石灰化されるため、元に戻ります。

しかし加齢や甘いものをよく食べる、歯磨きをしないなどの生活習慣により再石灰化(さいせっかいか)が間に合わず、ミネラルが溶けたままになると歯の表面がデコボコしていきます。

そうなると光が乱反射してしまい、黄ばみが目立つようになってしまいます。

歯の黄ばみを落とす方法は?

加齢加齢による歯の黄ばみは誰にでも発生するため、ある程度は避けられないものです。

しかし白い歯を意識したケアを行うことで黄ばみを防いだり、落としたりすることが可能です。

歯の黄ばみが気になる場合、以下のポイントに注意しましょう。

食事、栄養成分による対策

特に歯の黄ばみを予防する際に食事や栄養成分での対策が重要になります。

歯の黄ばみを防ぐため、食事の際に注意したいポイントを解説します。

ビタミンCをしっかりと摂取する

ピーマン歯を支える歯ぐきはコラーゲン繊維が重要な構成物質になっています。

歯は歯ぐきから血液を供給され、栄養素や酸素を受け取ります。

健康な歯ぐきは歯の健康を維持するために重要になります。

またビタミンCは歯ぐきの腫れや出血を防ぐ働きもあります。

健康な歯ぐきは白い歯と同様に人からの印象をよくするでしょう。

成人男女の1日に推奨されるビタミンCの摂取量は100mgです。

ビタミンCは野菜やフルーツに多く含有されています。

中でも赤ピーマンや黄色ピーマンは中くらいの大きさのものを1個食べるだけで1日に推奨されるビタミンCを摂取することができます。

そのほかキャベツやモロヘイヤ、ブロッコリー、イチゴ、柿、キウイフルーツなどに多く含まれています。

またペットボトルのお茶には酸化防止剤としてビタミンCが500ml当たり80mgほど含まれていることが多いです。

総じて日本人の食生活では不足することはあまりないでしょう。

ただしビタミンCは水溶性ビタミンのため、一度に大量に摂取しても尿として排出されてしまいます。

こまめに摂るようにするとよいでしょう。

色の付きやすい食べ物は避ける

飲み物歯の黄ばみが気になる場合、歯への着色効果が高い食べ物や飲み物を避けるようにしましょう。

歯が着色しやすい食べ物や飲み物には以下のようなものがあります。
  • コーヒー
  • 紅茶
  • ウーロン茶
  • 緑茶
  • チョコレート
  • カカオ
  • ワイン
  • カレー
  • 醤油
  • ケチャップ

また、これらの食べ物を食べた後は歯磨きをするようにしましょう。

ステインはすぐに付着してしまうわけではないので、歯磨きをすることで着色を防ぐことができます。

歯の再石灰化を促す

再石灰化歯はミュータンス菌が生産する酸や酸性の食べ物を食べることが原因でミネラル分が溶けだしていってしまいます。

このことを「脱灰化(だっかいか)」といいます。

先述したように脱灰した歯は唾液の働きで「再石灰化」することにより元の状態に戻ります。

脱灰した歯は光を乱反射させてしまうため黄ばんで見えやすくなってしまいます。

歯の再石灰化を促すことで白い歯を維持することに役立つでしょう。

歯の再石灰化を促すためには以下のポイントを重視しましょう。

ポイント1:何回もおやつを食べない
飴集中力が切れたときに飴を舐めたりチョコレートを食べたりすると糖分が供給され頭が働きやすくなります。

しかし口腔内のミュータンス菌は糖分をエネルギー源として増殖して酸を生産するため、口の中に糖が含まれる頻度が多くなればなるほど歯の脱灰を招いてしまいます。

再石灰化が間に合わなくなり、白い歯の維持を阻害することにもつながるためなるべく日に何度もおやつを食べるのは避けるようにしましょう。

ポイント2:よく噛む
キシリトール歯は唾液に含まれるカルシウムやリンといったミネラルによって再石灰化します。

食事の際によく噛むことで唾液の分泌量が増え、再石灰化を促す働きが期待できるでしょう。

日中に砂糖ではなくキシリトールなどのミュータンス菌のエネルギー源とならない甘味料を使っているガムを噛むことでも、唾液の分泌量が増加し、再石灰化を促す働きをします。

ポイント3:唾液の分泌を促す食べ物を食べる
梅干し食べ物の中には唾液の分泌量自体を増やすものもあります。

一例でいうと梅干しやレモン、ゆず、グレープフルーツなどの酸っぱい食べ物やゴボウなどの硬い食べ物です。

レモンやゆずなどの柑橘類は調味料としても使えるため、うまく食事する際に活用するとよいでしょう。

自宅でのケアの方法

ホワイトニング歯の白さを維持するため、黄色くなってしまった歯を白く戻すためには自宅でしっかりとケアをすることも重要です。

自宅でケアを行う際は歯磨きと同時に行うホワイトニング剤を利用するとよいでしょう。

自宅でケアを行うホワイトニング剤の価格は様々ですが1か月がおよそ4000円のものが多いようです。

1か月のケアにより歯が白くなっていくことが確認できますし、継続してケアを行うことで効果はさらに高まります。

ホワイトニング剤を選ぶ際のポイントには以下のようなものがあります。

ポリアスパラギン酸が含有されていること

ポリアスパラギン酸はタンパク質と結合して凝固するという特徴がある成分で、エナメル質でべリクルと結びついたステインを吸着して除去する作用があります。

除去されたステインはそのままポリアスパラギン酸に吸着されて排出されるため、エナメル質ともう一度結びつくことはありません。

研磨剤のようにエナメル質を削るわけではないので、歯に負担なくホワイトニング効果が期待できます。

ミュータンス菌の働きを抑制する成分が含まれていること

ホワイトニング剤ミュータンス菌は口腔内で糖をエネルギー源として増殖して、酸を生産します。

ミュータンス菌が増殖しやすい環境の口腔内だと、エナメル質が酸により弱まり歯に色素が沈着しやすくなります。

そのためミュータンス菌の働きを抑制する成分が含まれたホワイトニング剤を使用するようにしましょう。

ウーロン茶抽出物はミュータンス菌の増殖を著しく低下させる働きがあります。

ホワイトニング剤や歯磨き粉を選ぶ際はウーロン茶抽出物が含まれているものを選ぶのもよいでしょう。

ホワイトニング剤で歯が白くならない場合

マウスピース自宅でのホワイトニング剤のケアで歯が白くならない場合、ホームホワイトニングやオフィスホワイトニングを試してみるのもよいでしょう。

ホームホワイトニングとは、歯科医で処方された薬剤を用いて自宅でケアを行うことを指し、オフィスホワイトニングは歯科医で施術を行うことを指します。

ホームホワイトニングは専用のマウスピースを制作してそこに漂白作用を持つ薬剤を塗布し、装着することで歯を白くしていく方法です。

マウスピースを装着するのは基本的に就寝中なので負担になることはありません。

一方でオフィスホワイトニングは歯科医でホームホワイトニングよりも効果の強い薬剤を歯に塗布することで歯を白くしていきます。

ホームホワイトニングよりもすぐに歯を白くする効果が期待できますが、刺激が強いことが特徴です。

ホームホワイトニングの場合、漂白作用はオフィスホワイトニングと比べて弱い薬剤を使用するため効果が表れるまで1か月から数か月ほどかかることが多いようです。

費用は初回のマウスピースを作成する際に3万円ほど、以後は追加の薬剤を購入するのに1週間分で5000円から1万円ほどかかります。

安いところでは1万円台後半から2万円台前半でマウスピースを作成できるクリニックもあるようです。

オフィスホワイトニングの場合、一回の施術でそれなりに白くなることが多いようです。

ただし、1回だけで真っ白の歯にはならないため、1週間か2週間おきに定期的に通う必要があります。

オフィスホワイトニングの場合、一回の費用が3万円程度のところが多いようです。

中には1万円台という低価格で施術を行っているクリニックも存在しています。

ホームホワイトニングもオフィスホワイトニングもどちらも自宅でのホワイトニング剤を使用したケアに比べて、費用が非常に高くなります。

そのためまずは自宅で市販のホワイトニング剤を使用したケアを試してから、ホームホワイトニングやオフィスホワイトニングを検討するとよいでしょう。

歯の黄ばみによくあるQ&A

使い分けやおすすめなどのアドバイスをください。

歯の黄ばみを自宅でのケアで何とかしたいと思っている喫煙者です。

歯磨き粉を選ぶ際、歯磨き粉にホワイトニング効果があるものか、歯磨き粉で磨いたあとに使うジェルなどにした方がよいのかわかりません。

可能ならばどちらも利用するようにしましょう。

歯磨き粉の場合、ホワイトニング効果というよりは歯垢を除去してミュータンス菌が増殖しづらくしたり、歯の再石灰化を促進させたりする効果がメインとなります。

一方でジェルの場合は歯の汚れを除去したり漂白したりする効果がメインとなります。

ホワイトニング効果だけで見ればジェルのほうが適していますが、しっかりと口腔内の健康を維持する歯磨き粉を選ぶことでジェルのホワイトニング効果が上がります。

ホワイトニング剤は、一度歯がきれいになったと感じたらやめても大丈夫ですか?

やめても大丈夫ですが、その場合時間の経過とともに再び歯が着色されて行きます。

なるべく効果を持続したい場合は継続するようにしましょう。

歯のホワイトニングをすると口臭もなくなりますか?

歯科医でホワイトニングを行う場合、口臭の原因となる虫歯菌や歯周病菌の温床となるプラークや歯石を除去してから施術を行います。

特に歯周病菌は腐ったような口臭の原因となるため、そういった意味では歯のホワイトニングを行うことで口臭が改善されるでしょう。

市販のホワイトニング剤を使用する場合はプラークや歯石の除去は行われないため口臭が改善するとは言えません。

ただし口腔内の健康に意識が向いたことにより、ケアが丁寧になり口臭が軽減されることはあり得ます。

食べ過ぎたときについつい嘔吐してしまいます。歯の着色には関係ありますか?

胃酸は非常に強い酸です。

嘔吐すると胃酸で歯のエナメル質が溶けてしまい、色素が沈着しやすくなってしまいます。

そのほかエナメル質が弱くなることでミュータンス菌が増殖しやすくなってしまい虫歯になりやすくなってもしまいます。

自分から嘔吐することは歯や口腔内の健康に思った以上に害を与えるため避けたほうが良いでしょう。

歯科医でのホワイトニングは保険適用でしょうか?

歯科医で行うホワイトニングは保険が適用されません。

歯の黄ばみ対策のまとめ

白い歯白い歯はとても印象がよく見えるものです。

加齢とともに歯に黄ばみが生じるのはしょうがないことですが、できれば白い歯を維持したいですよね。

白い歯を維持するためには歯が黄色くならないうちから様々な対策を行うことが重要です。

なるべく早め早めのケアを心がけましょう。



【執筆者】大見 貴秀医師

大見貴秀医師帝京大学医学部卒業。麻酔科標榜医、麻酔科認定医。 日本麻酔科学会、日本抗加齢医学学会(アンチエイジング学会)会員、生活習慣病アドバイザー。

「治療」よりも「予防」を重視して診療にあたる現役医師。麻酔科医として勤務するだけではなく、加齢による身心の衰えや疾患に対するアドバイスを行う。

フォローすると、最新のサプリメント情報を簡単に購読できます。