LDL(悪玉)コレステロールを下げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
purpose11

コレステロールは細胞膜の材料に使われるなど生命活動を維持するために必ず必要な物質です。しかしコレステロールの血液中濃度がある一定レベルを超えてしまうと「高コレステロール血症,高脂血症」という動脈硬化や心筋梗塞,脳梗塞の原因になる病気になってしまいます。

【高コレステロール血症の基準値】

  • 総コレステロール値 220mg/dl以上
  • 悪玉(LDL)コレステロール値 140mg/dl以上
  • 善玉(HDL)コレステロール値 40mg/dl未満
  • 中性脂肪(トリグリセリド) 150mg/dl以上

上記基準値のどれか一つに該当すると高コレステロール血症と診断されます。悪玉(LDL)コレステロールは総コレステロール,HDLコレステロール,中性脂肪値から次の計算式で求められます。

LDLコレステロール
= 総コレステロール – HDLコレステロール – 中性脂肪 × 0.2

コレステロール値が高いこと自体はなんら問題はないのですが、血中にあるコレステロールが活性酸素により酸化されてしまうと血管壁の中に入り込み、血管を硬く詰まりやすくしてしまいます。

コレステロールにより硬くなった血管は動脈硬化や心筋梗塞の原因になります。一番怖いのはコレステロール値が高くても、それ自体ではまったく自覚症状が無いこと。コレステロールがサイレントキラーと言われる所以です。

コレステロールは食事から体内に取り込まれる物と肝臓で合成されるものがあります。コレステロールを下げるには食品からとるコレステロールをできるだけ少なくするのが基本。

コレステロールが多いまたはコレステロール値を上げやすい食品は肉類の脂(飽和脂肪酸)やイカ,タコ,エビ,玉子,マヨネーズ,バター,アイスクリーム,卵などです。卵はコレステロール値に影響しないというデータもあります。

コレステロール値を下げるには食事に気をつけるのが基本となりますが、青魚に含まれるDHA/EPAや肝臓で合成されるコレステロール量を下げる成分を配合したサプリメントをとるのが効果的です。

高コレステロール血症に有効なサプリメント成分

コレステロールを下げるには

  1. 紅麹:肝臓でのコレステロール合成を阻害する
  2. DHA/EPA:高コレステロール血症を改善する
  3. 食物繊維:コレステロールを体外へ排出
  4. アスタキサンチン:LDLコレステロールの酸化を防ぐ
  5. ビタミンA,E:抗酸化ビタミンでコレステロールの酸化を防ぐ

などのサプリメントや栄養成分が有効です。

【コレステロールに効果的なサプリメント】

きなり

きなり

コレステロール値を下げる成分が配合されたサプリメントでオススメなのが、きなりのDHA・EPAサプリメントです。1日分に500mgのDHA・EPAが配合されています。モンドセレクション最高金賞受賞のサプリメントです。

当サイトからのお申し込みで初回限定 1,980円 送料無料



コレステロールを下げるのに有効な成分

紅麹

紅麹にはコレステロール値を下げる働きがあります。紅麹に含まれるHMG-CoA還元酵素抑制成分(モナコリンK)が肝臓でのコレステロール合成を抑制します。紅麹で行われた臨床試験の結果から1-3ヶ月の摂取で総コレステロール値を10~20%、LDLコレステロールを20~30%下げる効果が実証されています。また紅麹にはHDLコレステロール値を上昇させ、中性脂肪値を低下させる働きがあります。

例えばタフツ大学で行われた試験では、233人に8週間紅麹サプリメントを投与したところ平均242から206までコレステロール値が低下しています。

植物ステロール

植物ステロールにはコレステロール値を下げる効果があります。プラセボを比較対象とする二重盲検試験で、植物ステロールを1.5g-3.0g含むマーガリンを3.5週間摂取したところ総コレステロール値とLDLコレステロール値が有意に低下しています。低下率は-8% ~ -13%。HDLコレステロールと中性脂肪には変化がありませんでした。紅麹とはコレステロール値を下げる仕組みが違うため併用も効果的だと思われます。

DHA/EPA

イワシを代表とする青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸。血液をサラサラにする働きがあります。日本でも河津市と鎌ヶ谷市の集団を対象とした血液流動性に対する疫学調査が行われDHA/EPAが血液流動性に改善に効果があることが示唆されています。

ビタミンA,E

強力な抗酸化力があるビタミンです。コレステロールの酸化を防止するには脂溶性のビタミンA,ビタミンEが必要です。

アスタキサンチン

アスタキサンチンはエビやカニの赤色や鮭のオレンジ色の色素=カロテノイドです。アスタキサンチンにはビタミンEの約1,000倍、βカロテンの約100倍の強力な抗酸化力があります。アスタキサンチンによるLDLコレステロールの酸化を抑制の実験が行われ有意な結果が得られています。被験者を3グループに分け、それぞれアスタキサンチンのサプリメントを1日0.6mg、3.6mg、21.6mgづつ2週間摂取した結果、いずれのグループでもLDLコレステロールが酸化されにくくなっています。1日0.6mg以上の摂取で有効と判断できる結果です。

桑の葉

桑の葉に含まれるフラボノイド類や食物繊維がコレステロール値や中性脂肪値を下げます。またLDLコレステロールが酸化されて動脈硬化になるのを予防する働きがあります。

ビタミンC

ビタミンCにはHDLコレステロールを増やす働きがあります。またビタミンEはビタミンCと一緒に働くことで抗酸化力が十分に発揮できるようになります。

卵はコレステロール値に影響しない?

サリー大学のブルース・グリフィン教授らが「Nutrition Bulletin」に卵を多く食べてもコレステロール値に与える影響は少ないという論文を発表しています。同論文によるとコレステロール値に与える影響は卵よりも飽和脂肪の方が大きいとしています。

フォローすると、最新のサプリメント情報を簡単に購読できます。